脊柱管狭窄症 原因

脊柱管狭窄症の原因とは?|おいけ接骨院 桐生院

脊柱管狭窄症の主な原因としては下記のものが上げられます。

・椎間板ヘルニア

・圧迫骨折

・黄色靭帯の肥厚

・喫煙や糖尿病

・外傷など

・先天性要因や遺伝的要因

などが原因として挙げられます。

1. 椎間板ヘルニア|おいけ接骨院 桐生院

脊柱管狭窄症の原因となるのは「椎間板ヘルニア」です。椎間板は、背骨の骨と骨の間にある、柔らかくて弾力のある部分です。この椎間板は、背骨を動かすときにクッションの役割を果たしています。

しかし、この椎間板が壊れて、中の柔らかい部分が外に飛び出してしまうことがあります。これを「椎間板ヘルニア」と言います。

椎間板ヘルニアが起こると、飛び出した部分が神経を圧迫し、痛みやしびれが生じるのです。

椎間板ヘルニアは、重いものを持ち上げたり、急に体をひねったりすることが原因で起こりやすいです。日常生活で無理な動きをしないように気をつけることが、椎間板ヘルニアを防ぐために大切です。

2. 外傷(圧迫骨折など)|おいけ接骨院 桐生院

脊柱管狭窄症の原因には、外傷もあります。年齢が上がると日常生活の中でのケガ、転んだりしたときの衝撃などで、背骨が潰れてしまうことがあります。このようなケガが原因で、背骨の中にある神経の通り道が狭くなり、脊柱管狭窄症になることもあります。

3. 先天性要因や遺伝的要因|おいけ接骨院 桐生院

最後に、「先天性要因や遺伝的要因」も脊柱管狭窄症の原因となることがあります。先天性要因とは、生まれつき背骨の形が他の人とは違っていることです。例えば、背骨が普通よりも狭い状態で生まれた場合、脊柱管狭窄症になるリスクが高くなります。

先天性や遺伝的な要因は、自分でコントロールすることは難しいですが、早めに気づいて専門の医師に相談することで、症状を軽減する方法を見つけることができます。

まとめ|おいけ接骨院 桐生院

脊柱管狭窄症の原因は、加齢による変形、椎間板ヘルニア、外傷(圧迫骨折)、先天性要因や遺伝的要因など、さまざまです。それぞれの原因を理解し、日常生活での注意点を守ることで、脊柱管狭窄症のリスクを減らすことができます。

桐生市・太田市のおいけ接骨院では、こうした原因に基づいて適切な施術や予防策を提案しています。もし、腰や殿部に違和感や痛みを感じたら、早めに当整骨院に相談してください。

執筆者:柔道整復師 おいけ接骨院 桐生院 院長 半田尚輝(施術家歴8年)

私は子供の時から野球をしていました。学生の時にケガをしてお世話になって先生に憧れて柔道整復師になりました。
当接骨院には辛い症状でお悩みの方のお力になれるよう骨盤矯正などを取り入れ、根本的な施術を中心に行っていきます。
症状がよくなった後のケアやメンテナンスにも力を入れております。
お越しいただいた方に笑顔・元気・希望・感動を与えられる施術を提供してまいります。

お問い合わせ

おけい接骨院 桐生院

住所
〒376-0021
群馬県桐生市巴町2丁目5-19
織姫ビル1階
支払い方法
現金・クレジットカード
※クレジットカードは自費5,000円以上の場合利用可
駐車場
9台完備
ご予約
ご予約優先制
保険のご利用
可能
定休日
日曜・祝日
受付時間
  • 採用情報

HOME

初めての方へ

お客様の声

スタッフ紹介

症状ブログ

スタッフブログ

採用情報

よくある質問

こんな症状ありませんか?

インフォメーション