ゴルフ肘 |おいけ接骨院

ゴルフ肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘の内側が痛い
  • ゴルフでスイングした時に痛い
  • 物を掴む時に痛い
  • 細かい作業をした後に痛む

ゴルフ肘(内側上顆炎、肘の内側の痛み)|おいけ接骨院 桐生院

肘の内側についている以下の筋肉が原因となっています。橈側主根屈筋、尺側主根屈筋、円回内筋、長掌筋などです。 ゴルフのスイングを繰り返すことによりでこの筋肉に疲労が溜まり、筋肉が緊張します。 そうすると徐々に血流が悪くなってしまい、筋肉がだんだんと固くなり、肘の内側に筋肉がついているため負担がかかり痛みが出現します。

ゴルフ肘になる原因としては肘を曲げたり伸ばしたり日常生活程度では痛みは出てきません。ゴルフ肘とはその名の通りゴルフをしている方に多く、スイング時の上腕や前腕の筋肉によって負担がかかり炎症が起きやすくなります。 また、テニスや野球などのゴルフと似たようなスポーツでも繰り返しの動作によって痛みが出現します。

肘の痛みですが、主に前腕に負担がかかっていることが多く、軽く押してみるとハリがあることがほとんどです。

さらに前腕の筋肉は手首まで繋がっている筋肉が多いので手首の負担にも繋がっているケースが多いです。 スポーツなどでうまく身体を使えなく手打ちになっている方は特に注意が必要です。

ゴルフ肘の施術|おいけ接骨院 桐生院

基本的には安静にすることにより痛みが治まることが多いです。 ただゴルフ肘になる方は、それだけ普段スポーツやお仕事などの負担が積み重なっていることでの症状なので、安静だけで痛みが落ち着いても弱い痛みが続いてしまい、また負担をかけたら痛みが強くなることもあります。 おいけ接骨院 桐生院では手技での施術は原因となる身体の土台となる骨盤・骨格の歪みの矯正や筋肉の調整や特殊電療機器を使い早期に症状をよくしていきます。

おいけ接骨院 桐生院ではゴルフ肘をハイボルト療法で皮膚抵抗が少ない(ピリピリ痛い感じが少ない)ほか、高電圧の電流量をピンポイントでアプローチしていきます。

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な施術を実現!超音波のマイクロマッサ-ジで、通常は届かない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にしていきます。

ゴルフ肘がよくなるとこんなにいいことが・・・

  • ・ゴルフスイングが痛くなくなる!

  • ・ドライバーをしっかり振れる!

  • ・スコアがよくなった!

  • ・日常生活でも痛くない!

ゴルフ肘はおいけ接骨院 桐生院にお任せください!

よくある質問|おいけ接骨院 桐生院

ゴルフをしている時の痛みはありませんがゴルフした後に肘の内側が痛くなります。

ゴルフ肘の可能性が高いです。早めにご相談下さい。ひどくなると練習中やプレー中にも痛みが出てきてしまいます。

執筆者:柔道整復師 おいけ接骨院 桐生院 院長 半田尚輝(施術家歴8年)

私は子供の時から野球をしていました。学生の時にケガをしてお世話になって先生に憧れて柔道整復師になりました。
当接骨院には辛い症状でお悩みの方のお力になれるよう骨盤矯正などを取り入れ、根本的な施術を中心に行っていきます。
症状がよくなった後のケアやメンテナンスにも力を入れております。
お越しいただいた方に笑顔・元気・希望・感動を与えられる施術を提供してまいります。

お問い合わせ

おけい接骨院 桐生院

住所
〒376-0021
群馬県桐生市巴町2丁目5-19
織姫ビル1階
支払い方法
現金・クレジットカード
※クレジットカードは自費5,000円以上の場合利用可
駐車場
9台完備
ご予約
ご予約優先制
保険のご利用
可能
定休日
日曜・祝日
受付時間