コンテンツへスキップ

ゴルフ腰痛

ゴルフ腰痛について

日本人でゴルフは大人のスポーツとして人気です。ゴルフ接待やゴルフによる懇親会も多く、ゴルフ人口は非常に多いといわれてます。そのなかでゴルフ腰痛と言われる疾患があります。

これはスイングと言って正面から横に腰をふることが多いスポーツで、腰にいびつな負荷がかかりやすいのです。さらにボールを打つときにに常に前傾姿勢になることで腰に負担がかかりやすいです。

ゴルフ腰痛の原因

症状は圧痛や運動時痛が起こります。緊張で筋肉が引っ張られてそれで痛みが走ります。筋肉にはセンサーが多く、余計痛みを感知しやすいので痛みが大きく感じてしまうともいわれます。

治療は筋膜の動きを改善し、痛みを和らげる治療が行われます。リハビリテーションで理学療法によるストレッチなども行うとよいのです。ゴルフを行うには、事前の準備運動や日ごろから腰や腹部の筋肉を鍛えるエクササイズを習慣化することも大事です。

ゴルフ腰痛は当院にお任せください

当院では、骨盤や筋肉だけなく、動きや姿勢、歪みなどをトータルに検査させていただき、症状の根本原因を明確にします。

筋肉を調整していく手技(マッサージ)も大切にしており、土台を整えた状態で行うことで、不思議と筋肉も柔らかくなりやすくなり元に戻りにくくなります。

おいけ接骨院では根本的な施術にて健康的なバランスのいい身体にしていくことを目指しており、一人ひとりに合わせた施術をしていきます。痛みは我慢せず、当院までご相談ください。

img
img
img
LINEでご相談

 

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
坐骨神経痛
ぎっくり腰
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など