野球による障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 大会前後のメンテナンスをしたい
  • 投球時に肩や肘が痛む
  • 投げ方が悪く痛くなっている
  • 体が硬く柔軟性がない
  • 痛みをごまかしながらやっている
  • 野球肩や野球肘でレントゲンを撮ったが異常ないと言われている
  • ケガを再発させない体作りをしたい
  • 競技のパフォーマンスアップをしていきたい

野球に特化した治療|おいけ接骨院 太田藪塚院

肩の痛み

野球肩とは投球による肩痛の俗称です。 様々な病態があり、回旋筋腱板(ローテーターカフ)の損傷、関節唇の損傷、上腕二頭筋腱炎、関節周囲の石灰化、肩関節亜脱臼、滑液包炎、インピンジメント症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリーグ肩)などが含まれます。

肩の痛みの原因

原因としては「ケガ」によるものと「使いすぎ」によるものとがあります。 野球肩の原因のほとんど使いすぎによるもので、投球し続けることで肩に負担が掛かり、だんだん痛くなってきたというものです。ケガの場合は全力投球した瞬間など、はっきりした要因がある場合をいいます。 他に投球動作(フォーム)が悪く野球肩になっていることも多くみられます。

野球肩が治りにくい理由

野球肩は使いすぎによるものが多いため、肩周辺の筋肉が固くなり、可動域の制限が出てきてしまうことが多く、胸郭(胸の開き)の可動域制限や体幹の柔軟性が悪くなってしまう事でそこから投球動作(フォーム)が悪くなってしまったり、関連痛を引き起こしてきてしまいます。筋肉の硬さや可動域を獲得していかなければ、肩の負担は強くかかり続けるので症状はなかなかよくなりません。 また、野球肩がよくなっても、股関節や下半身の硬さがあったり、身体全体のバランスが悪いと、負担がかかってしまうため繰り返してしまいます。おいけ接骨院 太田薮塚院では野球肩の施術だけではなく、身体全体のバランスを整えていく施術を行っています。

野球による肘の痛みとは?|おいけ接骨院 太田藪塚院

野球肘とは投球動作で起きた肘のケガのことです。 肘の内側・外側・後側に痛みや違和感を感じます。 以下のような症状があります。

  • ・投球動作をすると痛い

  • ・肘の曲げ伸ばしができない

  • ・曲げ伸ばしをすると引っかかる

  • ・投球側の指の筋力が弱くなる

野球による肘の痛みの原因

最も発症の多い内側の野球肘の場合ですと、投球の繰り返しによって前腕の筋肉が硬くなり、筋肉の牽引力が肘の骨へかかることが大きな野球肘の要因となります。 (小学生くらいの年齢では骨が完全に硬化していないため、軟骨障害・裂離骨折・骨端線離解などが多い)

野球による肘の痛みの施術|おいけ接骨院 太田藪塚院

おいけ接骨院 太田薮塚院では野球肘の施術は、肩のコンディショニング、股関節のコンディショニング、体の姿勢バランスの調整まず主に行っていきます。

肩のコンディショニングは、肩回りの筋肉を柔らかくすることと、胸の広がりを獲得することで投球時の肘への負担を減らします。 そして野球肘に関連する筋肉を調整して、肘に負担のかかりにくい環境を作っていく施術も行います。

また、股関節、体の姿勢バランスの調整は、主に骨盤・背中など投球動作に必要な部位を調整して野球肘に負担がかからないように施術をしていきます。 これらの部位の動きが足りないと、いわゆる手投げになりやすいため野球肘になりやすくなってしまいます。それぞれの調整を行うことで、負担の少ない、体全体で投球できる体をつくっていきます。 投球制限やフォーム改良などの練習は、チームや監督と相談しながら進めていくことが理想ですが、おいけ接骨院でも選手個人でできるコンディショニングをお伝えしたり、その他のアドバイス等でサポートいたします。

放っておくと大変!!離断性骨軟骨炎(OCD)|おいけ接骨院 太田藪塚院

おいけ接骨院 太田薮塚院ではエコー検査も行っております。初期の段階では自覚症状が出ない病気も定期的に検査をすることで早期に発見できるため、しっかりとした処置が可能となります。他にも内側の靭帯や内側の剥離骨折の有無などもみて肘の健康状態を把握します。

すぐに病院に行っていただきたいのは、離断性骨軟骨炎(OCD)という病気です。この病気は痛みがないのですが、痛みが出たときには手術になる可能性があります。100人のうち2,3人の確率で発見されています。そういった病気を見つけなければいけないので、痛くなくても野球をやっている子は定期的に、1年に1回は超音波検査を受けることをオススメします。

離断性骨軟骨炎(OCD)の原因は投げすぎではなく成長期に起こります。これは成長障害や血行障害とも言われていますが原因は不明のことが多く、発症してから投球動作の不良などで投げ続けると悪化してきてしまうのです。おいけ接骨院 太田薮塚院では離断性骨軟骨炎(OCD)の勉強会にも複数参加しており、症例もたくさん見てきております。体の硬さや投げ方をよくしていき病院とも併用して施術を進めていきます。

一般的に野球肘といっても離断性骨軟骨炎(OCD)は野球肘の中でも放っておいてはいけない野球肘の一つです。痛みがなくても、投げ方のチェックだけでも来ていただきたいです。

いい投げ方をしている子も、もっとそれ以上のパフォーマンスを上げるにはどうしたら良いかというアドバイスもしますので、施術目的だけなく活用してください。

おいけ接骨院では桐生、みどり市を中心に地域の野球肩、野球肘予防としてメディカルチェックを行っている深井メディカルの超音波検査技師の深井進先生と同行し定期的に地域の予防活動を行っています。

よくある質問|おいけ接骨院 太田藪塚院

野球肘や野球肩の痛みを早くよくしたい

子供のうちは使い過ぎが投球フォームの不良などにより痛みが出てきます。エコーの検査などでどのような状態なのかを把握していく事が大切です。状態に合わせた施術期間と施術内容を決めて行きます。

メディカルチェックをしてもらいたいのですが・・

エコー検査は接骨院で行えます。チーム単位で実施したい場合は別途ご相談下さい。

患者様の声

野球による障害 赤坂さん

おいけ接骨院さんに通い始めたきっかけは、肘を痛めた事でした。
施術していただいたお陰で、肘の痛みは徐々に和らぎ、今では痛みがあったことを忘れてしまうほど良くなりました!
先生方も活気があり、院内の雰囲気も良い事から、普段の体のメンテナンスでも
お世話になってます!
私は趣味で野球をしていますが、スポーツをしている方にはオススメの接骨院さんだと思います!

担当者からのコメント

口コミありがとうございます。この度は数ある接骨院の中からおいけ接骨院 太田薮塚院をお選びいただきありがとうございます。野球をしている中で肘の痛みは辛く大変だと思います。ですが徐々に状態は落ち着き今では野球もできている為嬉しく思います。今後もメンテナンスやケアにていい状態を維持していければと思います。体の何かありましたらいつでもご相談下さい。今後ともよろしくお願いいたします。状態をチェックすることと今、どのような状態なのかを把握していき施術をさせて頂きます。
2ショット写真

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

執筆者:柔道整復師 おいけ接骨院グループ代表 尾池翔太(施術家歴18年)

私は子供の時から野球をしていました。高校の時にケガをしてお世話になって先生に憧れて柔道整復師になろうと決めました。当接骨院には痛みによってつらい思いをしている方に対して痛みの原因の追究と骨盤矯正を中心とした根本にアプローチしていく施術や痛みがよくなった後のメンテナンスやケアも得意としております。関わる全ての方々に親身に尽くします。

お問い合わせ

おけい接骨院 太田藪塚院

map
TEL
TEL緊急
LINE
アクセス
住所
〒379-2304
群馬県太田市大原町398-9
支払い方法
現金・クレジットカード
※クレジットカードは自費5,000円以上の場合利用可
駐車場
10台完備
ご予約
ご予約優先制
保険のご利用
可能
定休日
日曜日
診療時間
  • 採用情報

HOME

初めての方へ

お客様の声

スタッフ紹介

症状ブログ

スタッフブログ

採用情報

よくある質問

こんな症状ありませんか?

インフォメーション