コンテンツへスキップ

診療案内

主な診療について

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療

むち打ちについて

頭痛や嘔吐などを引き起こす、むちうちの恐ろしさ

むちうちは医学的に「頚椎捻挫」といわれ、急激な衝撃で頚部が激しく振られることにより「打ち身」「捻挫」を患った状態を指します。症状は患部の痛みだけではなく「頭痛」や「嘔吐感」など様々な弊害を起こし、多くの患者様がお悩みになっています。また、むちうちの原因は交通事故による場合が多く、それ以外にもスポーツ障害や肉体酷使した場合に発症します。

むちうちは、交通事故の衝突など急激な衝撃で頚部が激しく前後に振られた際、神経や椎間板に無理な曲げ伸ばしが生じ、組織を損傷することが主な原因です。これらの損傷は、レントゲンやMRIなどの検査では、異常を発見しづらい事も特徴です。むちうちの症状の度合いは様々です。症状の多くは「頚部捻挫」といわれる首周りの筋肉や首から胸、背中にかけた筋肉の炎症により痛みを訴えるものです。頚部は身体の神経を束ねる出入り口であり、多くの自律神経が通るため、捻挫による炎症がひどい場合、自律神経が圧迫され、「頭痛」や「目まい」「痺れ」などの症状を引き起こします。

バレリュー症候群

頚椎捻挫による患部の炎症によって神経や頸動脈が圧迫され「目まい」や「耳鳴り」「嘔吐感」などを引き起こします。

神経根型

「頭痛」や「手足の痺れ」が顕著に見られます。椎間孔といわれる脊椎の合間から伸びる神経根が圧迫され引き起こされる症状です。

脊髄型

むちうちによって背骨が歪み、脊髄神経(中枢神経)を圧迫している状態です。身体全体と脳の神経信号のやりとりを阻害します。尿の出づらさや、頻尿など身体の生理現象に影響をあたえます。

むちうちは時間を置いてから発症する

むちうちは、受傷後に時間を置いてから発症する場合が多くあります。また、事故直後は症状が出なくても、数日~数ヶ月経ってから症状が表面化し、悪化する事も多くあります。我慢できる程度の痛みと感じても、数年後に悪化する場合もあるため、早期の治療を心掛けましょう。

むち打ちの治療方法

腰痛について

むちうちの症状はレントゲンやMRIで患部の原因を捉えることが難しいため、患者様の訴える痛みや違和感をもとに適切な施術をする必要があります。一定期間が過ぎ、慢性化してしまったむちうちの症状に対しても、患者様の患部を丹念に施術しながらリハビリ治療します。むちうちの症状に対しては、発症後の経過期間に合わせた施術を行う必要があり、おいけ接骨院では受傷後の症状に合わせた治療方法で患者様をケアします。また酸素カプセルなども有効です。

急性期(交通事故後1ヶ月)

むちうちは受傷直後の症状が身動きできなほどの激しい痛みを伴う事が多くあります。特に事故後から1ヶ月の間は「急性期」と言われ、頚部の過剰な痛みのため症状が落ち着くまで安静状態に保つ必要があります。

亜急性期(交通事故後1~3ヶ月以内)

むちうちによる患部の炎症がピークをむかえ、痛みなどの症状が落ち着き始めたら直接的な施術を開始します。安静にしていた間に低下してしまった筋力の回復と、硬くなった関節の可動域の回復が主な施術内容となります。患者様の容態に合わせて「温熱療法」「物理療法」などを組み合わせて施術します。

慢性期(交通事故後3ヶ月以上)

一定期間が過ぎて慢性化してしまった、むちうちの症状をケアします。患部の歪みがひどい場合、むちうちの症状は慢性化しやすく、首、肩の痛み、頭痛やしびれなどが続きます。治療ではリハビリを兼ねた症状改善の施術を行います。

むちうちには早期治療を

むちうちは受傷後に徐々に痛みが出る症状もあれば、長い時間を置いてから身体に不調をきたすほどの痛みや違和感を伴う症状もあります。「我慢できる痛み・違和感」だからといって放置しておくと一生「痛み」とつきあう事になるかもしれません。受傷直後は自覚症状がなくとも、むちうちの早期治療をこころがけましょう。

肩こりについて

放っておくと悪化することもある肩こり

肩こりとは、僧帽筋周辺の筋肉が緊張し、肩から首にかけて重だるさや凝り感があらわれる症状です。肩こりの症状は、そのままにしておくと凝りの範囲が拡大し、やがて身体の芯から固まったような重い症状へ悪化します。また、凝りによって血管や神経が圧迫され、痺れや頭痛といった症状を引き起こす場合もあります。

肩こりの原因その1.姿勢の乱れ

肩こりの原因として最もよく聞くのが「姿勢がおかしい」ことではないでしょうか。そもそも姿勢が悪くなる原因に、長時間不自然な姿勢をとり続けていることが考えられます。これはデスクワークの方によく見られる傾向で、仕事に集中していることで姿勢が悪くなっていることに気付かず、そのまま固定されてしまっていた方が多いです。デスクワークに限らず姿勢がおかしいと感じる方は、意識的に正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

肩こりの原因その2.筋肉バランスの乱れ

肩や首の周りには、これらをささえる筋肉があります。この筋肉は常に負荷がかかっており緊張し続けています。この筋肉の緊張のバランスが乱れてしまうと、血液の循環が悪くなり肩こりなどが発生してしまいます。

肩こりの原因その3.加齢による衰え

40歳を超えた頃から見られる傾向として、背骨にある「椎間板」が硬くなってしまい「頸部脊椎症」という症状を引き起こします。「椎間板」は人体にとって非常に大切な部分ですので、日頃から適度なストレッチ、正しい姿勢を心がけましょう。

その他の原因

貧血肩こりは血行が悪くなると起こりやすくなるのはご承知の通りですが、実は血行が悪くなるという繋がりで、血圧に異常が見られる場合(低血圧、高血圧や貧血など)にも原因になることがあります。
その他にもストレス性の肩こりや、主に顔面を中心とした症状(歯の噛み合わせ、目の疲れなど)を原因とするものが挙げられます。

肩こりの仕組み

肩こりについて

人間は二足歩行であるために、肩こりを患いやすい性質だと考えられています。それは、頭と両腕の重さを支えるため、肩まわりの筋肉が緊張状態にあるからです。姿勢が悪ければ肩へ掛かる負担も大きく、肩こりを発症しやすい状態に陥ります。特にパソコンの前で同じ姿勢でいる事は、頭部が画面に近づき前屈みになるため、姿勢が悪くなりやすい状態です。前屈みの姿勢は、頭部の重みで背骨の延長線から前方向へのずれを起こし、通常以上の負荷が掛かった重さで「首」「肩」の筋肉が引っ張られてしまいます。そのため肩まわりの筋肉は普段の緊張に加えて更に負担が掛かるため、血行を阻害され、疲労物質を溜めやすくなるのです。さらに、パソコンでの作業は指先を多用しますが、実際には指先を支えている肩の筋肉に負担が掛かり、更に肩こりの症状が起こりやすくなってしまうのです。

肩まわりの筋肉は頚部から背骨にかけて「肩甲挙筋」「棘上筋」「三角筋」など大小様々な筋肉で構成されており、互いを支えあうように密接に関係しています。そのため、肩の筋肉のどこかが凝りはじめると、周りの筋肉も緊張し、患部の負担を拡散するメカニズムになっています。これらの筋肉の疲労の度合いによって、肩こりの症状は様々です。中でも、「僧帽筋」は肩から背中にかけて広がる大きな面積を持つ筋肉です。緊張が「僧帽筋」にまで達すると、肩こりの症状は身体の芯から固まった圧迫感を感じる状態まで悪化します。

また、筋肉の凝りの範囲や箇所によって、肩こりは「張り感」「重だるさ」以外に「痺れ」や「頭痛」といった症状も引き起こします。

肩こりが発生する仕組みはご理解いただけたでしょうか。このように知らずの内に肩に負担をかけ続けることで、肩は悲鳴を上げます。症状を酷くしないためにはこの悲鳴に耳を
傾けることが大切です。肩周りに違和感を感じ始めたら、まずは簡単なストレッチなどでも構いません。同じ姿勢を維持しないようにしましょう。

肩こりの症例

肩こりがひどいと頭痛や気分が悪くなる
長時間のデスクワークで肩がコリコリ
マッサージだけではその場しのぎ
とにかく肩がガチガチですぐに楽になりたい
薬や湿布を貼っているが効果を感じられない
慢性の肩こり、頭痛に悩んでいる
手が上がらず、後ろにも回せない

肩こりの治療方法

生理的湾曲を意識して肩こりを解消

背骨は、横から見ると緩やかな「S」字を描く自然な湾曲になっています。これは「生理的湾曲」と言われ、「S」字の湾曲が綺麗に維持された状態が正しい姿勢とされています。首周辺は、「頚椎」という骨が常に約3kg~4kgの重さのある頭を支えており、負荷がかかり続けている箇所で、疲労が溜まりやすい特徴があります。特にデスクワークなど悪い姿勢(前屈みなど)が癖になると、肩こりに繋がりやすいです。また、肩周辺も肩関節が腕をささえており、肉体労働やスポーツなどで日常的に腕に負担がかかりやすく、こちらも肩こりの原因となります。どちらにも言えることですが、身体のバランスが崩れてしまう=「生理的湾曲」が歪んでしまうことで、肩こりに繋がっています。このため、日頃から「生理的湾曲」のバランスを意識した姿勢を取ることが大事です。これは、肩こりのみならず、腰痛をはじめとした様々な症状にも言えることです。

おいけ接骨院ならではの肩こりの治療方法

肩こりの症状は、筋肉の緊張状態がひどくなるほど様々な弊害をもたらします。特に肩こりが慢性化すると、身体を休めても疲れが抜けきらず、日常生活で大きなストレスとなります。当院では、肩こりの治療において、肩周りの筋肉の緊張をほぐし、凝りによる歪みを整えながら血行改善を促すという通常の施術だけでなく、患者様の生活習慣や肩まわりのクセなどを考慮しながら、患者様にあった施術を行います。例えば「いかり肩」の人と「なで肩」の人では、肩こりの原因となる筋肉が異なります。「いかり肩」の方は肩の位置を常に保とうと、首から肩先にまでかけた「僧帽筋上部繊維」という筋肉が凝りがちです。対して、「なで肩」の方は肩関節が下がってしまうほど「僧帽筋上部繊維」の筋力が低下しているため、頚部から肩甲骨を吊り下げている「肩甲挙筋」を緊張させて肩の位置を維持する傾向があります。そのため、「いかり肩」と「なで肩」の人ではそれぞれ肩こり治療によってケアする筋肉の箇所が変わってくるのです。その他、電気療法では特殊な機器を用いて痛みなく治療できます。

腰痛について

日本人の8割以上が経験している腰痛

腰に感じる痛みやしびれ、時には突発的な“ぎっくり腰”まで引き起こす事のある症状「腰痛」。腰痛は日本人にとって切っても切れない疾患で、日本人の腰痛経験者は8割以上にのぼります。しかし、病院で腰痛と診断されない場合も多く、腰に痛みを感じながらも生活している潜在的な腰痛患者が数多くいるといわれています。

腰痛は多くの場合、肉体労働による身体の酷使や、長時間の同じ姿勢による腰への負担から引き起こされます。いずれも「筋肉疲労(もしくは筋力低下)」「筋骨格の歪み」「血行不良」と深く関連しており、これらの要因が腰痛の症状を引き出す原因となります。
こうした原因により引き起こされる腰痛の種類は様々で、腰に張った痛みが慢性的に続く「慢性腰痛症」や、突発的に身動きが取れなくなるほどの激痛を引き起こす「急性腰痛症(ぎっくり腰)」などがあります。また、腰痛の原因は関節や筋肉の損傷だけでなく、心理的な影響なども影響しているのではないかと考えられ、腰痛の症状は、レントゲン検査などで異常と診断されないケースもあります。

※内臓疾患が原因による腰痛について
腰痛は内臓疾患によって引き起こされる場合があります。内臓の痛み・負担を神経が伝える際に、「関連痛」という痛みを腰に伝えます。動作に関係なく腰痛が続いたり、熱が出るなど他の症状が併発した場合は病院で検査を受けましょう。

腰痛について

筋肉疲労(筋力低下)による腰痛

筋肉に乳酸がたまり、こわばりや張りが引き起こされ腰痛になります。筋力が低下しても姿勢を維持するため脊柱周りの筋肉に負担が掛かりやすくなり腰痛を引き起こします。

筋骨格の歪みによる腰痛

デスクワークなど同じ姿勢のままでいると筋肉に偏った負担がかかり、筋骨格の歪みの原因となります。また、身体もこわばるため腰を動かす時の負担も大きいため腰痛になりやすいです。

血行不良による腰痛

血行が阻害されると筋肉から「柔らかさ」が損なわれます。疲労物質も溜まりやすくなるため腰痛を長引かせる原因になります。

腰痛の症例

急にぎっくり腰になってしまった
病院に行ったり薬を飲んでもよくならない
妊娠中・出産後に腰痛でどこに行けばいいのかわからない
とにかく腰がおもだるい
慢性の肩コリ、頭痛に悩んでいる
猫背で肩コリがある
背中から肩にかけての痛みがある
手が上がらず、後ろにも回せない

腰痛の治療方法

腰痛はそのままにしておくと筋肉のバランスが崩れてしまい、背骨を正しく支えられなくなります。その結果、背骨や骨盤の位置がズレてしまい、腰痛を悪化させるおそれがあります。

おいけ接骨院では腰痛に対して力を入れた治療を行なっております。
「ぎっくり腰」の場合は椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にもなるおそれもあるので、無理のない治療に専念します。腰痛治療では「手技」のほか「骨盤矯正」や「超音波」も併用して効果的な施術を行います。腰痛・ぎっくり腰はきちんとした治療を受ければ長続きはする事はあまりないのでじっくりと治していきましょう。

腰痛の予防治療

腰痛やぎっくり腰は痛みが引いても完治したとは限りません。日々の生活習慣によって、再び背骨の歪みが原因となる事が多々あります。日頃から負担をかけないよう姿勢を正す心掛けが大切です。定期的にストレッチや筋肉トレーニングを行い、必要に応じて専門の治療院で歪みを解消しましょう。

ぎっくり腰になったら安静に

「ぎっくり腰のひどい痛みでどうにもならない」「日常生活の動きが億劫になった」、そんな時は安静第一で身体を休める事が重要です。まずは、腰の痛みがそれ以上ひどくならないように楽な姿勢で身体を横にします。仰向けになると背骨や脚を伸ばす姿勢になるため、かえって腰に負担が掛からないよう要注意です。痛みが落ち着いたら、専門の治療院にかかり「ぎっくり腰」を治しましょう。

スポーツ障害について

おいけ接骨院ではスポーツの怪我がある方だけではなく、スポーツのパフォーマンス性を高めるためにも、スポーツ前の人も来院をオススメしています。例えば、サッカーの有名選手のお話ですが、撮影された写真で自身の背中や肩の高さの左右差に気付き、左右のバランスを整えたことで、スポーツのパフォーマンス性が上がったということを発表されていました。サッカーは比較的左右両方筋肉を使用するのですが、野球、ゴルフ、テニスなどは片側の筋肉を使用するので、特に体の左右の筋肉をバランスよく整えるようにオススメしています。また、急性期の怪我は特殊電気機器にて即効性を発揮します。炎症をアイシングしながら、特殊電気治療器で腫れを散らします。炎症を早く鎮めてテープで固定し、ハイボルテージで筋肉の深部の痛みを取ります。

スポーツ選手

スポーツ障害の症例

肩が痛くてボールが投げられない
同じ故障を繰り返している
パフォーマンスを向上させたい
試合(大会)までに怪我を改善させたい

野球に特化した治療

原因について

野球肩(投球障害)とは、フォームの崩れ(型が広がる)や日常生活の悪い姿勢から肘・肩に強いストレスが継続的にかかる事で、可動域が狭くなり発症することが多いです。

また、正しくないトレーニングを重ねてきて筋肉バランスの悪い状態も原因のひとつと言われています。他にも古傷を持っている方は発症しやすいです。ただ、多くの方は原因不明で治らないと思い、長期間放置してしまうことが多いようです。

野球選手

治療方法

身体評価(エコー、体のバランス、可動域検査)
手技療法、微弱電流、ハイボルテージ電流、超音波、酸素カプセルによる治療(患部・全身機能回復)
投球外来(医科学投球指導・再発防止、障害予防)

良い姿勢をキープするためにストレッチ指導や日常生活での姿勢指導をその方に合ったものを提案させて頂きます。さらに当院の治療スタッフはみな学生時代に野球をしていました。野球経験豊富なスタッフが、知識だけで指導するのではなく、経験者としての視点からも指導・治療をさせて頂きます。

野球による障害の症例

肩が痛くてボールが投げられない
私生活は問題ないけれども、全力で野球をしたいけど楽しめない
姿勢が悪い
学生時代に野球肩と言われ、野球を楽しむのを諦めた
ボールを投げる瞬間に肩の全体が痛い
ボールをリリース・投げ終わった直後に鋭い痛み
投球した翌日に肩甲骨の後ろが痛い
手を上げていき肩が上がり始めると痛む
ボールを投げると肘の内側が傷む
肘の曲げ伸ばしが完全にできない
ボールを投げると肘の外側が痛い
肘がロッキングして動かない
投球後に肘に痛みがでる

頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など