症状ブログ

ばね指について・・ひどくなってしまっている方へ

ばね指について・・ひどくなってしまっている方へ

ばね指とは?

ばね指は主に指を曲げるときに使う屈筋腱の浮き上がりを防ぐために抑えている腱鞘(力を効率よくする滑車のようなもの)という組織との間で起きている炎症の事を言います。

通常はスムーズな動きをするのですが指を酷使することで腫れ上がってしまったり、腱が肥大してしまい動きに制限が出てしまったり、引っかかるようになってしまったりします。この状態になると指自体が太く腫れてしまい、腱と腱鞘の間で擦れ合って痛みを感じてしまったりします。

指が曲がったままで伸ばせない状況は、腱鞘というトンネルを腱がうまく通り抜けていない状態です。そのため。進行すると曲がった指を戻そうとして無理に強い力をかけると腱の引っかかりが外れて腱鞘を通過する瞬間に「カックン」と跳ねるように指が伸びます。この動きが「ばね現象」です。ばねのようにはねて戻ることから「ばね指」と言われており別名「弾発指(だんぱつし)」とも言われています。

ばね指の原因

日頃から手や指を酷使している方は腱や腱鞘に負担がかかり続けるために起こりやすいとされています。具体例としては

・仕事で握る動作が多い方・デスクワークでマウス操作、タイピングが多い方・主婦の家事動作・ホルモンバランスの変化・ゴルフやテニス、バドミントンなど指を使うスポーツ・透析や糖尿病、関節リウマチの方

発症する年齢としては中高年の方が比較的多く、男女比ではやや女性に多いです。また発症する部位としてはどの指でも起こりますが、特に中指、薬指に起こりやすいです。

症状としては

指を動かすと痛い。指の曲げ伸ばしが辛い。スマホを握ると痛む。物をつかみ時に痛い。指を伸ばす際に引っかかる。指が腫れてしまい曲げることが出来ない・・

初期の段階では違和感や軽い痛みだけで安静にすることで落ち着くこともあります。しかし状態が悪化していくと曲げ伸ばしが辛くなり引っかかりも強くなってきてしまいます。

 

ばね指の施術方法

ばね指の治療方法としては、基本的には保存療法でよくなることが多いです。 おいけ接骨院では痛めている部分には特殊電療機や超音波によるコンビネーション療法にてアプローチしていきます。 またばね指以外にも骨盤が歪んでいたり、その影響で背骨や肩甲骨、肩、上腕、前腕と動きが悪くなってしまっていたり、筋肉のしこりがあることも多くそこに対するアプローチまでしていきます。そうすることでばね指の部分に負担がかかりにくくするのです。

ばね指の症状で来て頂く方のほとんどがひどくなってしまった状態で放っていて自分ではどうしようもできない・・というタイミングの方が多いです。施術には個人差はありますが施術を繰り返す中で痛みや引っかかりも変化が出てくることが多いです。ばね指の症状で諦めかけている方、一度おいけ接骨院へご相談下さい!!

 

 

お問い合わせ

おけい接骨院 太田藪塚院

map
TEL
TEL緊急
LINE
アクセス
住所
〒379-2304
群馬県太田市大原町398-9
支払い方法
現金・クレジットカード
※クレジットカードは自費5,000円以上の場合利用可
駐車場
10台完備
ご予約
ご予約優先制
保険のご利用
可能
定休日
日曜日
診療時間
  • 採用情報

HOME

初めての方へ

お客様の声

スタッフ紹介

症状ブログ

スタッフブログ

採用情報

よくある質問

こんな症状ありませんか?

インフォメーション