症状ブログ

脊柱管狭窄症の方へ・・・病態と症状と対策

脊柱管狭窄症の方へ・・・病態と症状と対策

脊柱管狭窄症とはどんな病気?

背骨は椎骨(ついこつ)と言われる骨が積み木のように積み重なって出来ています。一つ一つの椎骨には穴(椎孔、ついこう)があいており、その中に通る管の部分を脊柱管と言います。中高年になるにつれて椎間板や腰椎靭帯の変性や肥厚、変形をしてしまうと脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまいます。その結果、足にシビレが出てしまったり、思うように足が動かなくなることがあります。脊柱管狭窄症は一般的に加齢による変性で発症する場合が多く見られますが、生まれつき脊柱管が狭いことで発症することもあるそうです。一般的には腰椎椎間板ヘルニアは若い世代に多く、脊柱管狭窄症は40代以降の中高年に発症することが多いです。

腰部脊柱管狭窄症の症状

症状としては、立位や歩行により坐骨神経痛やしびれが強くなるが座ったり、しゃがんだりすると楽になる。(間欠性跛行) カート等で前傾すれば歩くのが楽になるなどがあります。他に自転車に乗ると腰を曲げるので痛みが出にくいのが特徴です。状態が悪くなっていくと、休む間隔が長くなり、歩ける距離も短くなっていきます。

また寒い季節や朝に症状が出やすいという特徴があります。通常、腰痛においては歩行は推奨されることが多いですが、この病気の場合は歩くことで悪化してしまうことがあります。症状が進行してくると寝ていても足のシビレが出てきてしまったり、寝つきが悪くなってしまう事もあります。

痛みがそれほどでもないからと言って放置していると症状が悪化して日常生活に支障が出てしまう事もあります。

脊柱管狭窄症の施術方法

こんなお悩みの方はいませんか?

・長い距離は休みながらでないと歩けない

・病院の注射や痛み止めを飲んでも効果がない

・お尻から足にかけてのしびれと痛みをなんとかしたい

・朝起きると腰が痛い・痛みのせいで何をするにもやる気が出ない

・将来的に歩けなくなると思うと不安

・「一生この脊柱間狭窄症と付き合っていくしかない」と言われたが少しでもなんとかしたい

このような方はぜひおいけ接骨院へご相談下さい。

おいけ接骨院では脊柱管狭窄症狭窄症に対して体の悪い状態の根本に着目してアプローチする施術を行っております。カウンセリングにて体の動き、状態を検査し、筋肉の硬さや関節の動きを見ます。そこから手技、骨格、骨盤矯正、ストレッチなどで体のバランスを整え、筋肉の緊張をやわらげていきます。また、悪い症状の根本をとるため深層筋までアプローチできるハイボルテージ電療器、超音波療法など、一人一人の状態に合わせて施術していきます。

おいけ接骨院に通院することで脊柱管狭窄症で歩けなかったのに普通に歩けるようになった、長年の間欠性跛行に変化が出たという例もあります。 脊柱管狭窄症による急性の状態やしびれで悩んでいる方はもちろん、慢性的な状態など、もう良くならないと思っている方でも一度当院にご相談ください。脊柱管狭窄症の症状が進行する前に、特に症状の強い方は早めの来院をお勧めします。 悪い症状がとれた後は悪い症状に戻りにくい体を作り、その後のケアも安心して行えます。

 

 

お問い合わせ

おけい接骨院 太田藪塚院

map
TEL
TEL緊急
LINE
アクセス
住所
〒379-2304
群馬県太田市大原町398-9
支払い方法
現金・クレジットカード
※クレジットカードは自費5,000円以上の場合利用可
駐車場
10台完備
ご予約
ご予約優先制
保険のご利用
可能
定休日
日曜日
診療時間
  • 採用情報

HOME

初めての方へ

お客様の声

スタッフ紹介

症状ブログ

スタッフブログ

採用情報

よくある質問

こんな症状ありませんか?

インフォメーション