コンテンツへスキップ

診療案内 – 頭痛

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 天気が悪い日や疲労がたまっている日に偏頭痛がある
  • 肩こりや首の痛みが激しくて頭痛にまで発展した
  • 頭が重い感じがして、中々解消されない
  • 頭痛がひどくなると吐き気を感じることもある
  • 頭痛薬が効かなくなってきている
  • 頭痛で、薬を飲んでおり手放せない状況になっている

頭痛について

頭痛の原因

頭痛の原因
多くの方が筋緊張性頭痛で悩まれており、当院では、筋緊張性頭痛を主に施術を行っております。
実は、あまり気付かれないですが、頭は肩や首の筋肉と繋がっております。
そのため、肩や首の筋肉が凝り固まると、神経が圧迫して頭痛に繋がることがあります。
また、頭の筋肉が硬くなると頭が圧迫されたような状態になることもあります。天気が悪い日に頭痛になりやすい方は、筋肉の緊張によってそのような現象が起きていることもあります。

頭痛が薬では根本的に解消しない理由は?

頭痛が薬では根本的に解消しない理由は?
頭痛になった際に、薬を飲むことが多いですが、薬は頭痛の症状をとめることしか出来ません。そのため、原因部分を改善することには繋がりません。その場では痛みが取れたと感じるかもしれませんが、根本的に痛みが出ないからだの状態には全く近づいていません。
頭痛の症状は、長年放置している方も多くそのうち治るだろうと思い込んでいることも多いようです。
しかし、適切な処置を行わないと一生涯頭痛を付き合っていくことにもなりかねません。

全身から見る調整法

全身から見る調整法

首や肩や肩甲骨などは下半身の土台から上にあります。積み木で例えると下の積み木のバランスが悪いと上の積み木は安定しないどころか倒れてしまいます。
体でも同じことが言えます。体が硬かったり関節が正常な動きをしていないことで首や肩や肩甲骨などの動きも悪くなることがあります。こうした悪循環が筋肉の緊張を強めてしまい、血流が悪くなったり動きが悪くなったりします。
頭、首付近の施術だけでは不十分なことが多くおいけ接骨院では根本的な原因(全身を診て)を突き詰めてしっかりと施術をしていきます。

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など