コンテンツへスキップ

TFCC損傷について

TFCC損傷について

TFCCとは手首周辺にある尺骨頭と尺側の手根骨の間にある三角繊維軟骨、尺側側副靭帯などの複合体のことで三角繊維軟骨複合体(TFCC)とも言います。

TFCC損傷の原因

TFCC損傷の原因は、手をついて倒れたり、ひねったりすることで損傷します。スポーツやお仕事などで繰り返し動作による手首の負担で三角繊維軟骨複合体(TFCC)は損傷するものもあります。

その中でも手首の使い過ぎでTFCC損傷になるケースが多く、特に産後の女性で関節がゆるくなっている時期に、家事や育児などで手首を繰り返し曲げ伸ばししすぎて手首を痛めていることが多いです。

TFCC損傷の症状

手をついてこけたなどの衝撃によるものは尺骨突き上げ症候群とも言い、本来手根骨と尺骨の骨の間には軟部組織がクッションの役割を果たしていますが尺骨が突き上げることで間の軟部組織が損傷しクッションがなくなることで痛みが出ます。 本来手首の関節は伸展(背屈)動作時に少しだけ小指側(尺屈)の方に傾きながら動かします。

しかしその尺骨が突き上がると本来伸展時に小指側に傾けるところが手根骨と尺骨に引っ掛かり、傾けられなくなります。その引っ掛かりが原因なので尺屈側に傾けたり、手を回す動作で痛みが誘発されると言われています。

TFCC損傷は当院にお任せください

TFCC損傷の施術は保存療法を行うことがほとんどです。もちろん痛みを止める上では必要なことであるのは間違いありませんが、その痛みが出た原因が筋肉や関節の動き制限だった場合、また手首を使うと痛みが出るといった状態が続きます。

おいけ接骨院では保存療法と組み合わせ、痛みをとる治療を行っていきながら、その痛みの原因となっている筋肉や関節の動きの状態を診ていき、施術を行っていきます。そうすることでまた痛みの繰り返さない状態を目指していきます。

TFCC損傷でお悩みでしたら当院にお任せください。ご来院お待ちしております。

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
坐骨神経痛
ぎっくり腰
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など