コンテンツへスキップ

テニス肘について

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 物を持つと痛みが出る
  • 肘の内側が痛い
  • 肘の外側が痛い
  • テニスのラケットを振ると痛い
  • パソコンを使った後に肘が痛い

肘の痛み

テニス肘(外側上顆炎、肘の外側の痛み)とは?

太田・みどり市おいけ接骨院

肘の外側に外側上顆という部位があり、この部分に負担がかかることで、筋肉の変性や骨膜の炎症が起こり、痛みが出ることをテニス肘と言います。正式には「外側上顆炎」と言われています。 この外側上顆炎はテニスでラケットを振る動作だけでなく、パソコンなどのタイピング、細かい作業が多い方など指や手首をよく動かす方も、この部分を痛めます。また、家事などで手をよく使う筋力の弱い40~50代の女性が発症することも多いです。

テニス肘の原因と施術方法

太田・みどり市おいけ接骨院

一般的にはテニス肘(外側上顆炎)の原因は筋肉の変性、骨膜の炎症、筋力の低下と言われていますが、実際は筋肉の硬さが大きく関係しています。 使いすぎにより筋肉に負担がかかると、疲労物質が蓄積され血流が悪くなり、筋肉が硬くなってしまいます。テニス肘は痛みの原因になる「筋肉のしこり」が発生してしまいます。 テニス肘をよくしていくには、リラクゼーションのようなマッサージではなく、筋肉の硬さを取り除き可動域の増大を獲得して血流を良くすることが大切になってきます。 やはり肘だけではなく、骨盤に歪みがあったり、肩や体幹の動きに問題があることも多く、そこも検査をして施術をしていきます。 またハイボルテージや超音波の施術も加えることでさらにテニス肘の状態変化に期待ができます。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

テニス肘はハイボルト療法で皮膚抵抗が少ない(ピリピリ痛い感じが少ない)ほか、高電圧の電流量をピンポイントでアプローチすることで、非常に高い鎮痛効果と即効性が期待できます。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

複合型超音波機器 ustoron

・ランダムアクセス波

・エムキュ-ブウエ-ブ搭載

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な治療を実現!超音波のマイクロマッサ-ジ効果で、通常治療できない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にし、神経や血液の流れを整え、今まで変わらなかった症状や取れにくい痛みを取ってくれる優れもの!

img
img
img
LINEでご相談
こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
坐骨神経痛
ぎっくり腰
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など