コンテンツへスキップ

ランナー膝

太田市・桐生市のおいけ接骨院のランナー膝施術

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 走った後に痛みが出る
  • 階段の上り下りがつらい
  • 膝の曲げ伸ばしがつらい
  • 正座が出来ない
  • ジャンプ動作がつらい
  • 水が溜まることがある

ランナー膝について

ランナー膝について

ランナー膝とは?

ランナー膝とは?

ランナー膝は正式には腸脛靭帯炎といいます。 ランナーに多く、オーバーユース(使いすぎ)によって、膝の外側にある腸脛靭帯という靭帯と骨が擦れあうことでランナー膝は起こります。 過剰なランニング時間や距離、ウォームアップ不足、休養不足、硬い路面、硬いシューズ、内反膝など、色々なことが原因でランナー膝は起こってきます。 初期はランニング後に痛みが出て、休むと痛みがなくなります。 しかし、ランニングを続けていると痛みはどんどん強くなり、ランナー膝は治りにくくなってきます。

ランナー膝の原因

ランナー膝の原因

「腸脛靭帯」という靭帯と骨が擦れあうことで痛みが生じるのですが、この靭帯は上の方にたどっていくと「大腿筋膜張筋」や「殿筋」とつながっています。 過剰なランニングによってこれらの筋肉が硬くなってくると、筋肉のしこりができます。 この大腿筋膜張筋や殿筋の硬さによりクッションが悪くなり膝の外側に痛みが生じることを関連痛と呼びます。 痛みが出ている膝の外側の部分を施術するのも大切ですが、この硬さをやわらげていくことがランナー膝の施術には大切になってきます。

ランナー膝の施術

ランナー膝の施術

ランナー膝の痛みの元となっている筋肉のやわらげていく施術を行います。 おいけ接骨院は痛みの原因となっている動作を分析し、痛みの要因となる筋肉に対しての施術を行います。 硬くなった筋肉には筋肉のしこりがあります。筋肉のしこりを取り除くことで膝の状態に変化を持たせていきます。 そのため、おいけ接骨院での施術は、整体院やリラクゼーションのようなマッサージとは異なり、原因となる筋肉にできたしこり、硬さに対するアプローチをしていく施術となります。

ハイボルト療法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

おいけ接骨院ではランナー膝をハイボルト療法で皮膚抵抗が少ない(ピリピリ痛い感じが少ない)ほか、高電圧の電流量をピンポイントでアプローチしていきます。

img
img
img
LINEでご相談
グループサイトはこちら

アクセスはこちら

  • 太田薮塚院
  • 桐生院
交通事故後の負傷の施術・リハビリに自身があります!

 

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
坐骨神経痛
ぎっくり腰
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など