コンテンツへスキップ

梨状筋症候群について

太田市・桐生市のおいけ接骨院の梨状筋症候群施術

こんな症状ありませんか??
  • お尻まわりに鈍痛がある
  • 足にシビレが出ることがある
  • 股関節の動きが悪い
  • お尻以外にも腰や下半身に痛みがある

梨状筋症候群について

梨状筋症候群は梨状筋というお尻の筋肉の奥にある股関節などを支える筋肉です。そこには大きな神経があり圧迫されることで起こる症状です。梨状筋が何らかの原因で硬くなってしまう事で坐骨神経を圧迫してしまい痛みやシビレが出てきてしまうのです。これはレントゲンやMRIなどの検査では見つけることが出来ません。

梨状筋症候群の原因と施術

梨状筋が硬くなってしまう原因としては長時間同じ姿勢で座っている場合や草むしりや野球やゴルフなどのスポーツやデスクワークや運転が多かったりすることです。梨状筋に柔軟性がなくなってしまい坐骨神経を圧迫することが症状が出てしまう事になるのです。 梨状筋症候群は坐骨神経痛が主な症状でお尻から太ももの裏などに痛みが出ることが多いです。また腰椎椎間板ヘルニアなどの症状にも似ていることから鑑別が必要になります。 腰の施術

おいけ接骨院 太田薮塚院ではなぜ痛くなってしまったのか?日常生活から仕事の動作、スポーツでの動きなどもカウンセリングにて聴取していきます。施術方法としてまず、各種検査を行い体の状態を見極めていきます。そして体の土台となる骨盤の歪みがある場合にはソフトな矯正にて戻していきます。他に筋肉の柔軟性をつけていく手技での施術、ストレッチなどを行います。また特殊電療器(ハイボルテージや超音波)も場合によって組み合わせて行います。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

おいけ接骨院 太田薮塚院では梨状筋症候群をハイボルト電気療法でピンポイントでアプローチしていきます。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことが出来ます。超音波のマイクロマッサ-ジで、梨状筋のような奥の筋肉まで到達するので直接アプローチが出来ます。

梨状筋症候群がよくなるとこんないいことが・・・
痛みを怖がることがなくなる!
動きが楽になった!
寝る寝るときのだるい感じがなくなった!
痛みのない生活を送れる!
梨状筋症候群でお悩みの方はおいけ接骨院 太田藪塚院へご相談ください!!

執筆者:柔道整復師
おいけ接骨院グループ代表 尾池翔太

私は子供の時から野球をしていました。高校の時にケガをしてお世話になって先生に憧れて柔道整復師になろうと決めました。当接骨院には痛みによってつらい思いをしている方に対して痛みの原因の追究と骨盤矯正を中心とした根本にアプローチしていく施術や痛みがよくなった後のメンテナンスやケアも得意としております。関わる全ての方々に親身に尽くします。

img
img
img
LINEでご相談
グループサイトはこちら

アクセスはこちら

  • 太田薮塚院
  • 桐生院
交通事故後の負傷の施術・リハビリに自身があります!

 

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
坐骨神経痛
ぎっくり腰