コンテンツへスキップ

梨状筋症候群について

梨状筋症候群について

梨状筋症候群は梨状筋という、股関節を支える筋肉が圧迫されたりして、神経が刺激を受けて痛みを感じるようになった状態の事を言います。

股関節の周りにはこれを支える筋肉である梨状筋というものがあって、これと交錯するようにして、坐骨神経が通っているので、この関係性で筋肉が神経を圧迫するような事になれば痛みを感じるようになっていますというわけです。

筋肉が神経を圧迫することで痛みを感じるケースと、逆に神経から必要以上に離れてしまう事で、股間が緩むという事もあるので、痛みを感じないケースでも障害が出ている事もあります。

梨状筋症候群の原因と治療

筋肉がこの神経を圧迫するようになる原因として、運動のやりすぎがあります。頻繁に股関節を動かすような動きがあるスポーツをしているような場合には、このような病気になる事もあるので注意が必要です。

頻繁にあるという症例ではありませんが、股関節に痛みを感じるような事があれば、疑ってみるべき症状だと考えていいでしょう。

治療をするときには、鎮痛剤で痛みを抑えるということや、下肢のストレッチによってこの圧迫している筋肉の緊張を解すという事も出来ます。
意識して動かさないとなかなか動かせない所でもあるので、股関節の動きを意識したストレッチが必要になるといって良いでしょう。

股関節の周囲は普段はあまり動かさない事が多いので、運動などで過度に動かすようになると、こうした症状が出る事もあるので、注意が必要です。

梨状筋症候群の予防

予防としては適切なストレッチを運動の前と後でするということと、運動中でもストレッチをするようにしておく事などが考えられます。

また、痛みを感じた時にはそれ以上の運動は控えるようにするという事も重要です。過度に行えば筋肉の緊張は更に高まることになるので、これで症状が改善することはありません。

梨状筋症候群にお悩みなら当院にお任せください

梨状筋症候群のお悩みはおいけ接骨院にお任せください。
当院は患者様の健康的な体のバランスを整える身体作りを目指しています。患者様の「悩み・痛み」を根本から改善し、再発しない身体づくりをしています。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。
こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
坐骨神経痛
ぎっくり腰
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など