コンテンツへスキップ

梨状筋症候群について

梨状筋症候群について

梨状筋症候群は梨状筋という、股関節を支える筋肉が圧迫されたりして、神経が刺激を受けて痛みを感じるようになった状態の事を言います。

股関節の周りにはこれを支える筋肉である梨状筋というものがあって、これと交錯するようにして、坐骨神経が通っているので、この関係性で筋肉が神経を圧迫するような事になれば痛みを感じるようになっていますというわけです。

筋肉が神経を圧迫することで痛みを感じるケースと、逆に神経から必要以上に離れてしまう事で、股間が緩むという事もあるので、痛みを感じないケースでも障害が出ている事もあります。

梨状筋症候群の原因と施術

筋肉がこの神経を圧迫するようになる原因として、運動のやりすぎがあります。頻繁に股関節を動かすような動きがあるスポーツをしているような場合には、このような病気になる事もあるので注意が必要です。

頻繁にあるという症例ではありませんが、股関節に痛みを感じるような事があれば、疑ってみるべき症状だと考えていいでしょう。

腰の施術

おいけ接骨院では施術方法としてまず、各種検査を行い体の状態を見極めていきます。そして体の土台となる骨盤の歪みをソフトな矯正にて戻していきます。他に筋肉の柔軟性をつけていく手技での施術、ストレッチなどを行います。また特殊電療器(ハイボルテージや超音波)も場合によって組み合わせて行います。

ES-400 太田おいけ接骨院

おいけ接骨院では梨状筋症候群をハイボルト検査で皮膚抵抗が少ない(ピリピリ痛い感じが少ない)ほか、高電圧の電流量をピンポイントでアプローチしていきます。

ES-400 太田おいけ接骨院

複合型超音波機器 ustoron

・ランダムアクセス波

・エムキュ-ブウエ-ブ搭載

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な治療を実現!超音波のマイクロマッサ-ジで、通常は届かない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にしていきます。

梨状筋症候群がよくなるとこんないいことが・・・
痛みを怖がることがなくなる!
動きが楽になった!
寝る寝るときのだるい感じがなくなった!
痛みのない生活を送れる!
梨状筋症候群でお悩みの方はおいけ接骨院へご相談ください!!
桐生院の電話お問い合わせはこちら!

辛い症状や交通事故によるケガ、産後の不調でお悩みでしたら、おいけ接骨院 桐生院にお任せください!

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ
LINE相談も受付中!
こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
坐骨神経痛
ぎっくり腰
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など