コンテンツへスキップ

診療案内 – 膝の痛み

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 走った後に痛みが出る
  • 階段の上り下りが痛い
  • 膝の曲げ伸ばしが痛い
  • 正座が出来ない
  • ジャンプ動作が痛い
  • 水が溜まることがある

膝の痛みについて

膝の痛みの原因

膝の痛みの原因

膝関節は大きく分けると、半月板、軟骨、靭帯、筋肉で構造されています。
膝関節の痛みが出ている方のほとんどは、関節の可動域が正常ではなかったり、筋肉の柔軟性が低下していることが原因になっています。
痛み止めの注射や湿布などで一時的に症状が落ち着いてもなかなか根本的に症状が改善しないのは、関節の動きや筋肉の柔軟性が改善できていないことが要因の一つになります。
このような期間が続くと、膝関節だけではなく、周りの筋肉や関節にも症状が出る可能性もあり日常生活に多大な負担になることが多くあります。

膝に対する施術方法

膝の施術においては、膝の関節がどういう風に動くか、また足首や股関節といった膝周辺の部位がどう膝に影響しているかを考慮する必要があります。
これは、半月板損傷や変形性膝関節症等の症状でも同様です。
膝だけに注射をしたり湿布をしたりというのは、こういった視点が抜け落ちてしまっています。
おいけ接骨院では、膝の痛みでお困りの患者様に対して、痛みだけを改善するような施術を行うのではなく、正常な可動域、柔軟性を再現するための施術を行い、痛みが再発しない根本的な施術を行っています。
完治が難しい変形などもありますが、トレーニング、リハビリによって早期に元の正常な状態に改善されます。
日々の少しずつのトレーニングを重ねていくことが大切です。

ランナーひざについて

ランナー膝とは?

ランナー膝とは?

ランナー膝は正式には腸脛靭帯炎といいます。
ランナーに多く、オーバーユース(使いすぎ)によって、膝の外側にある腸脛靭帯という靭帯と骨が擦れあうことで起こります。
過剰なランニング時間や距離、ウォームアップ不足、休養不足、硬い路面、硬いシューズ、内反膝など、色々なことが原因で起こってきます。
初期はランニング後に痛みが出て、休むと痛みがなくなります。
しかし、ランニングを続けていると痛みはどんどん強くなり、治りにくくなってきます。

ランナー膝の原因

「腸脛靭帯」という靭帯と骨が擦れあうことで痛みが生じるのですが、この靭帯は上の方にたどっていくと「大腿筋膜張筋」という筋肉や「おしりの筋肉」とつながっています。
過剰なランニングによってこれらの筋肉が硬くなってくると、筋肉のしこりができます。
この大腿筋膜張筋やおしりの筋肉の硬さによりクッションが悪くなり膝の外側に痛みが生じることを関連痛と呼びます。
痛みが出ている膝の外側の部分を施術するのも大切ですが、この筋肉の硬さを取り除くことが大切になってきます。

ランナー膝の施術

ランナー膝の痛みの原因となっている筋肉の血流を改善させ、筋肉の緊張を緩和させる施術を行います。
おいけ接骨院は痛みの原因となっている動作を分析し、痛みの原因となる筋肉に対しての施術を行います。
硬くなった筋肉には筋肉のしこりがあります。筋肉のしこりを取り除くことで血流が改善され痛みを取っていきます。
そのためおいけ接骨院での施術は、整体院やリラクゼーションのようなマッサージとは異なり、筋肉にできたしこり、硬さに対する施術となります。

ハイボルト療法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

ランナー膝の炎症を止めることができる最新の電気機器です。
必要に応じて、より深部の患部局所にピンポイントで施術することで、いち早くスポーツ競技に復帰できるようサポートします。

鵞足炎について

鵞足炎とは?

鵞足炎とは?

膝の内側の部分に痛みが出るスポーツ障害の一種です。
半腱様筋・薄筋・縫工筋という3つの太ももからきている筋肉が膝の内側に束なって付着しています。
この3つの筋肉の束は「鵞足(がそく)」と呼ばれています。
この部分に炎症が起きることを鵞足炎と言います。
走ったりジャンプの多いスポーツでの負担や、日常生活での負担でも膝の曲げ伸ばしや階段の上り下りなどでも鵞足部に炎症が起こります。

特に、膝を最大限まで伸ばした時や運動後に痛みが出ることが多く、悪化していった場合は何もしていないときでも膝の内側にジクジクとうずくような痛みが出ます。

鵞足炎の原因

鵞足炎は、膝を曲げたり伸ばしたりするときに、半腱様筋・薄筋・縫工筋と膝の内側の靭帯が膝の擦れあって痛みが出ます。
この3つの筋肉の硬さ・しこりが痛みを長引かせる原因となります。
スポーツでの負担や日常生活での負担が3つの筋肉を硬くしてしまい、その結果、硬くなった筋肉に膝の内側に引っ張られる力がかかりなかなか痛みがなくなりません。
ですので、痛みが出ている部分を施術することももちろん大切ですが、硬くなった筋肉をそのままにしておくとなかなか良くなりません。
痛みの出ている部分を施術するのと、筋肉のしこりを取り除く施術が必要です。

鵞足炎の施術

鵞足炎の痛みの原因となっている3つの筋肉「半腱様筋・薄筋・縫工筋」の血流を改善させ、筋肉の緊張を緩和させる施術を行います。
おいけ接骨院は痛みの原因となっている動作を分析し、痛みの原因となる筋肉に対しての施術を行います。
硬くなった筋肉には筋肉のしこりがあります。この筋肉のしこりを取り除くことで血流が良くなり痛みを取っていきます。
そのためおいけ接骨院での施術は、整体院やリラクゼーションのようなマッサージとは異なり、筋肉にできた筋肉のしこりに対する施術を主にしていきます。

ハイボルト療法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

鵞足炎の炎症を止めることができる最新の電気機器です。
必要に応じて、より深部の患部局所にピンポイントで施術することで、いち早くスポーツ競技に復帰できるようサポートします。

オスグッドについて

オスグッドとは?

オスグッドは小学生から高校生くらいまでの成長期に多いスポーツ疾患です。
サッカーやバスケット、バレーボールなど、ダッシュやジャンプの動作が多いスポーツで特に多くみられ、ひざのお皿の下の部分に痛みがでます。

オスグッドの原因

成長期は身長が急激に増加し、骨が急成長していきますが、筋肉は後から成長していきます。
その際、太ももの前の筋肉の「大腿四頭筋」を使い続けることでよって、柔軟性がなくなり筋肉が硬くなってきます。
その硬くなった大腿四頭筋という筋肉は膝のお皿の下にくっついていて、硬くなった筋肉に引っ張られることで痛みが出てしまいます。
特にジャンプやダッシュなどの繰り返していると引っ張られる力が強く加わるため、サッカーやバスケット、バレーボールなどの競技をしている小学生や中学生に多くみられます。

オスグッドの施術

オスグッドの施術

オスグッドの痛みの原因となっている筋肉「大腿四頭筋」の血流を改善させ、筋肉の緊張を緩和させたりストレッチを加えながら施術を行います。
おいけ接骨院では痛みの原因となっている動作を分析し、痛みの原因となる筋肉に対しての施術を行います。
硬くなった筋肉には筋肉のしこりがあります。筋肉のしこりを取り除くことで血流が改善され痛みを取っていきます。
そのためおいけ接骨院での施術は、整体院やリラクゼーションのようなマッサージとは異なり、筋肉にできたしこりや硬さに対する施術を主に行います。

ハイボルト療法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

オスグッド炎症を止めることができる最新の電気機器です。
必要に応じて、より深部の患部局所にピンポイントで施術することで、いち早くスポーツ競技に復帰できるようサポートします。

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など