コンテンツへスキップ

診療案内 – 腰椎椎間板ヘルニア

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 下半身に痛みやしびれまたは両方現れている(片側、両側)
  • 膝や足に力が入りにくい
  • 朝起きると腰がすごく痛い
  • 立っているだけで腰が痛い
  • 前かがみの姿勢が多い
  • 足を組むことが多い
  • 最近体重が増えお腹が出てきた
  • 重い物を持つことが多い

腰椎椎間板ヘルニアについて腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアとは?

ヘルニアとは体内のものが本来あるべき位置から逸脱してしまった状態のことを指します。
椎間板ヘルニアとは、椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が外に飛び出してしまっている状態です。椎間板というのは背骨のクッションのような役割をしていて、衝撃を吸収したり背骨の動きを円滑にしています。腰椎の椎間板の髄核が脱出してしまったものを腰椎椎間板ヘルニアといいます。
しかし、髄核が脱出してしまっているからといって症状が必ずしも現れる訳ではありません。ではなぜ脱出してしまっているのでしょうか?それは骨盤の歪みやずれ、背骨の歪みやずれが原因であることが多いです。隠れヘルニアと呼ばれる症状が出ていない方もたくさんいらっしゃいます。ではどうするとヘルニアの症状が現れるのでしょうか?それは飛び出してしまった髄核が神経に触れたり、圧迫してしまうと腰に強い痛みや下半身に痛みやしびれが現れ、ひどい場合には身体を動かすこと自体が大変になってしまいます。

腰椎椎間板ヘルニア

施術のすすめ方

ではどういった施術をすすめていくのでしょうか?

  • 腰や下半身のマッサージをする
  • 下半身のストレッチをする
  • 痛い場所に電気をかける
  • 施術のすすめ方

    どれも間違いではありませんし、状態の軽減も図れます。
    しかし、一時的な作用が強く何日か経つとまた症状がでてしまうなんてことも多々あります。
    ではどうしていくのかということになりますが、それはずばり根本施術です。

    何をするのかといいますと、まずどうしてこのような状態になっているのかの原因を探します。
    問診、検査、身体のチェックをして探っていきます。そして原因がわかったら施術をすすめていきます。

    マッサージやストレッチもしますが、それに加えて骨盤や背骨の矯正、骨盤を支えるインナーマッスルの強化、指導等をしていきます。そして状態をよくして、今後、悪い症状が出にくい身体を作っていきます。

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など