コンテンツへスキップ

ゴルフ腰痛について

日本人でゴルフは大人のスポーツとして人気です。ゴルフ接待やゴルフによる懇親会も多く、ゴルフ人口は非常に多いといわれてます。そのなかでゴルフ腰痛と言われる疾患があります。

これはスイングと言って正面から横に腰をふることが多いスポーツで、腰にいびつな負荷がかかりやすいのです。さらにボールを打つときにに常に前傾姿勢になることで腰に負担がかかりやすいです。

ゴルフ腰痛の原因

症状は圧痛や運動時痛が起こります。緊張で筋肉が引っ張られてそれで痛みが走ります。筋肉にはセンサーが多く、余計痛みを感知しやすいので痛みが大きく感じてしまうともいわれます。

治療は筋膜の動きを改善し、痛みを和らげる治療が行われます。リハビリテーションで理学療法によるストレッチなども行うとよいのです。ゴルフを行うには、事前の準備運動や日ごろから腰や腹部の筋肉を鍛えるエクササイズを習慣化することも大事です。

ゴルフ腰痛は当院にお任せください

当院では、骨盤や筋肉だけなく、動きや姿勢、歪みなどをトータルに検査させていただき、症状の根本原因を明確にします。

筋肉を調整していく手技(マッサージ)も大切にしており、土台を整えた状態で行うことで、不思議と筋肉も柔らかくなりやすくなり元に戻りにくくなります。

おいけ接骨院では根本的な施術にて健康的なバランスのいい身体にしていくことを目指しており、一人ひとりに合わせた施術をしていきます。痛みは我慢せず、当院までご相談ください。

産後腰痛について

髪の毛が大量に抜けて薄毛になったり増えた体重がなかなか減らなかったり栄養不足で肌が荒れたり、吹き出物が出来たり、育児ノイローゼや産後うつ病に陥ったりなど、出産を終えた女性につきまとう不調はたくさんありますが、産後腰痛もよく出現してしまうその代表格です。

産後腰痛の原因と症状

産後腰痛の原因と症状についてですが、出産によって開いた骨盤が元に戻らず歪みに発展することが原因となり、不快な鈍痛や動作に伴う激痛などの症状があらわれます。ひどい場合は歩行困難や排尿障害、尿漏れなどの二次的な症状が出てしまうこともありますし、O脚になって体のラインが変わったり、下半身が太ってしまったりという問題もつきまといます。

出産を経て1ヶ月が経過してから、産後の骨盤矯正をすると歪んで開いた骨盤が元に戻り骨盤底筋群の筋力強化ができる岩盤エクササイズなども組み合わせていくことが大切です。しかし産後に骨盤矯正せずに骨盤に歪みや開きが残ったままの場合や、ホルモンバランスの乱れや歪みが出てしまう行動の癖や習慣などが要因となって、産後腰痛につながってしまいます。

産後腰痛をよくするために

軽いエクササイズや腰痛ベルト・コルセット着用などのセルフケアで状態が変化する場合もありますが、歪みが続くと自力でよくしていく事は困難になります。

腰が痛くて骨盤の歪みを実感しているなら、我慢したりせずにおいけ接骨院で産後骨盤矯正の施術を受ける事をおすすめします。骨盤が歪まないようにするために、常に正しい姿勢を意識することも指導していきます。

産後腰痛はおいけ接骨院にお任せ下さい

産後腰痛のお悩みはおいけ接骨院にお任せください。

出産を終えた女性の身体の不調や不安をなくしていけるよう、全力でサポート致します!特に産後腰痛は二次的な症状が出てくる可能性があるため、放置してはいけません。 少しでも産後のお悩みがある方は、おいけ接骨院へお気軽にお問い合わせください。産後のママをおいけ接骨院は応援しております。お子様を連れて来てもOKです。皆様のご来院を心よりお待ちいたしております。

梨状筋症候群について

梨状筋症候群は梨状筋という、股関節を支える筋肉が圧迫されたりして、神経が刺激を受けて痛みを感じるようになった状態の事を言います。

股関節の周りにはこれを支える筋肉である梨状筋というものがあって、これと交錯するようにして、坐骨神経が通っているので、この関係性で筋肉が神経を圧迫するような事になれば痛みを感じるようになっていますというわけです。

筋肉が神経を圧迫することで痛みを感じるケースと、逆に神経から必要以上に離れてしまう事で、股間が緩むという事もあるので、痛みを感じないケースでも障害が出ている事もあります。

梨状筋症候群の原因と施術

筋肉がこの神経を圧迫するようになる原因として、運動のやりすぎがあります。頻繁に股関節を動かすような動きがあるスポーツをしているような場合には、このような病気になる事もあるので注意が必要です。

頻繁にあるという症例ではありませんが、股関節に痛みを感じるような事があれば、疑ってみるべき症状だと考えていいでしょう。

腰の施術

おいけ接骨院では施術方法としてまず、各種検査を行い体の状態を見極めていきます。そして体の土台となる骨盤の歪みをソフトな矯正にて戻していきます。他に筋肉の柔軟性をつけていく手技での施術、ストレッチなどを行います。また特殊電療器(ハイボルテージや超音波)も場合によって組み合わせて行います。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

おいけ接骨院では梨状筋症候群をハイボルト検査で皮膚抵抗が少ない(ピリピリ痛い感じが少ない)ほか、高電圧の電流量をピンポイントでアプローチしていきます。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

複合型超音波機器 ustoron

・ランダムアクセス波

・エムキュ-ブウエ-ブ搭載

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な治療を実現!超音波のマイクロマッサ-ジで、通常は届かない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にしていきます。

梨状筋症候群がよくなるとこんないいことが・・・
痛みを怖がることがなくなる!
動きが楽になった!
寝る寝るときのだるい感じがなくなった!
痛みのない生活を送れる!
梨状筋症候群でお悩みの方はおいけ接骨院へご相談ください!!

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは急に腰に痛みが出る総称(急性腰痛)なので、痛みの出る場所は様々です。背中や骨盤付近などの痛み、また痛みの強弱もそれぞれです。

重たいものを持った拍子にぎっくり腰が起こる場合も多いですが、特に何か負担が大きくかかることをした訳ではなく、ちょっとした動作でぎっくり腰になる場合も多いです。

例えば顔を洗おうと前かがみになった時や、朝起き上がろうとした時や、くしゃみをした時など、こういったちょっとした動作でぎっくり腰になる場合もあります。

ぎっくり腰は、軽いものもありますが、ひどい場合には動けなくなってしまう場合もあります。

ぎっくり腰の原因

太田・みどり市おいけ接骨院

ぎっくり腰は筋肉に原因がある場合が多いです。 筋肉は常に体のバランスを取るために働いています。 立っている姿勢を維持したり、座っている体勢を維持したりと、無意識に筋肉は働き続けています。 知らず知らずのうちに働き続けている筋肉に疲労が溜まると、筋肉が硬くなり血流が悪くなってきます。

血流が悪くなると筋肉に必要な酸素が不足して、力を抜くことができなくなり、さらに筋肉が硬くなり血流が悪くなるという悪循環になってぎっくり腰になっていく可能性があります。

そういった筋肉が硬くなりすぎた状態で、重たいもの物を持ったり、何気ない動作(くしゃみや顔を洗おうと前屈みになったときなど)をした時に、強い緊張を起こしてしまい、ぎっくり腰になってしまいます

ぎっくり腰の根本的な施術法

根本治療

MRIやレントゲンでは見つけられない筋肉や関節の異常を発見し、根本治療を行い痛くなりにくい身体づくりを目指します。 骨格、筋肉、神経の三つの方向から、アプローチを行います。

筋肉調整

繰り返す痛みの原因は、筋肉が「血流不足状態」により生じる筋肉のしこりが原因です。 筋肉のしこりができると、力が入りづらくなったり、痛みがあちこちに出てくるようになります。リラクゼーションのようなマッサージではなく、特殊手技にて筋肉を調整していきます。

骨格調整

おいけ接骨院の骨盤矯正、骨格矯正はバキバキしないソフトな矯正です。歪みを矯正することで筋肉や関節への負担を減少させていきます。

神経調整

ぎっくり腰で神経が過剰興奮を起こしていると、痛みを強く感じてしまいます。おいけ接骨院では、こういった過剰興奮している神経に対して、特殊機械を用いてアプローチします。また急な痛みに関してはアイシングも有効な場合もあります。施術の中で見極めて選択していきます。

突然のぎっくり腰! そのまま放っておくと大変なことになります!!
ぎっくり腰でのお悩みも
おいけ接骨院にご相談を!!
   
腰痛についてはコチラ