コンテンツへスキップ

足底筋膜炎について

足底筋膜炎の症状について、足底筋膜炎はかかとに近い部分に痛みを生じるのが特徴で、土踏まずやそれ以外の部分が痛くなることもある疾患です。

足底筋膜炎で生じる痛みは主に、起床時に立ち上がる時や、スポーツなどで練習を始める時が多いといえます。

痛みの程度については、足底のストレッチをすることで確認できますし、軽度であればストレッチによって痛みが軽減されます。一方で、しこりが確認できる場合は足底筋膜炎が進行している可能性があります。

足底筋膜炎の原因と症状

他にも押すと痛みを感じる、腫れて少し熱を持つといった症状も確認されます。痛みや腫れなどは組織に微小断裂が生じるからで、名前のように炎症が熱を持つ原因です。

足底筋膜炎発症の原因については、足底に掛かる負担で、端的にいえば走り過ぎなどによるオーバーユースです。

ジャンプ動作も足底に負担が掛かりますから、スポーツをしている人は特に、足底の変化や痛みに注意しながら練習を行う必要があるでしょう。

足底筋膜炎になりやすいスポーツ

足底筋膜炎が多いのは、マラソンのように長距離を走るアスリートです。 しかし、扁平足や内股のように、スポーツに関係なくなりやすい要素があります。 足底の筋肉の柔軟性低下もまた、足底筋膜炎を発症する要因の1つなので、足裏を触って固く感じるなら要注意です。

足底筋膜炎はおいけ接骨院にお任せ下さい

足底筋膜炎のお悩みはおいけ接骨院にお任せください。

おいけ接骨院では健康的な体のバランスを整える身体作りを目指しています。患者様お一人お一人に合わせた施術を行い、再発しない身体づくりをしています。あなたのご来院心よりお待ちしております。