コンテンツへスキップ

膝の痛み、ランナー膝、鵞足炎、オスグットでお悩みは太田市,みどり市のおいけ接骨院へご相談を!

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 走った後に痛みが出る
  • 階段の上り下りがつらい
  • 膝の曲げ伸ばしがつらい
  • 正座が出来ない
  • ジャンプ動作がつらい
  • 水が溜まることがある

膝の痛みについて

膝の痛みの原因

膝の痛みの原因

膝関節は大きく分けると、半月板、軟骨、靭帯、筋肉で構造されています。 膝関節の痛みが出ている方のほとんどは、関節の可動域が正常ではなかったり、筋肉の柔軟性が低下していることがあります。 痛み止めの注射や湿布などで一時的に症状が落ち着いてもなかなか根本的に症状が改善しないのは、関節の動きや筋肉の柔軟性が改善できていないことが要因の一つになります。 このような期間が続くと、膝関節だけではなく、周りの筋肉や関節にも症状が出る可能性もあり日常生活に多大な負担になることが多くあります。

膝に対する施術方法

膝の施術においては、膝の関節がどういう風に動くか、また足首や股関節といった膝周辺の部位がどう膝に影響しているかを考慮する必要があります。 これは、半月板損傷や側副靭帯損傷や変形性膝関節症等の症状でも同様です。 膝だけに注射をしたり湿布をしたりというのは、こういった視点が抜け落ちてしまっています。 おいけ接骨院では、膝の痛みでお困りの患者様に対して、痛みだけを改善するような施術を行うのではなく、正常な可動域、柔軟性を再現するための施術を行い、再発しない根本的な施術を行っています。 完治が難しい変形などもありますが、トレーニング、リハビリによって状態がよくなっていくケースが多いです。 日々の少しずつのトレーニングを重ねていくことが大切です。

ランナーひざについて

ランナー膝とは?

ランナー膝とは?

ランナー膝は正式には腸脛靭帯炎といいます。 ランナーに多く、オーバーユース(使いすぎ)によって、膝の外側にある腸脛靭帯という靭帯と骨が擦れあうことでランナー膝は起こります。 過剰なランニング時間や距離、ウォームアップ不足、休養不足、硬い路面、硬いシューズ、内反膝など、色々なことが原因でランナー膝は起こってきます。 初期はランニング後に痛みが出て、休むと痛みがなくなります。 しかし、ランニングを続けていると痛みはどんどん強くなり、ランナー膝は治りにくくなってきます。

ランナー膝の原因

ランナー膝の原因

「腸脛靭帯」という靭帯と骨が擦れあうことで痛みが生じるのですが、この靭帯は上の方にたどっていくと「大腿筋膜張筋」や「殿筋」とつながっています。 過剰なランニングによってこれらの筋肉が硬くなってくると、筋肉のしこりができます。 この大腿筋膜張筋や殿筋の硬さによりクッションが悪くなり膝の外側に痛みが生じることを関連痛と呼びます。 痛みが出ている膝の外側の部分を施術するのも大切ですが、この硬さを取り除くことがランナー膝の治療には大切になってきます。

ランナー膝の治療

ランナー膝の痛みの元となっている筋肉の血流を改善させ、筋肉の緊張を緩和させる施術を行います。 おいけ接骨院は痛みの原因となっている動作を分析し、痛みの要因となる筋肉に対しての施術を行います。 硬くなった筋肉には筋肉のしこりがあります。筋肉のしこりを取り除くことで血流が改善され痛みを取っていきます。 そのためおいけ接骨院での施術は、整体院やリラクゼーションのようなマッサージとは異なり、筋肉にできたしこり、硬さに対する施術となります。

ハイボルト療法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

ランナー膝の炎症を止めることができる最新の電気機器です。 必要に応じて、より深部の患部局所にピンポイントで施術することで、いち早くスポーツ競技に復帰できるようサポートします。

鵞足炎について

鵞足炎とは?

鵞足炎とは?

膝の内側の部分に痛みが出る鵞足炎はスポーツ障害の一種です。 半腱様筋・薄筋・縫工筋という3つの太ももからきている筋肉が膝の内側に束なって付着しています。 この3つの筋肉の束は「鵞足(がそく)」と呼ばれています。 この部分に炎症が起きることを鵞足炎と言います。 走ったりジャンプの多いスポーツでの負担や、日常生活での負担でも膝の曲げ伸ばしや階段の上り下りなどでも鵞足炎が起こります。

特に、膝を最大限まで伸ばした時や運動後に痛みが出ることが多く、悪化していった場合は何もしていないときでも膝の内側にジクジクとうずくような鵞足炎の症状が出ます。

鵞足炎の原因

鵞足炎は、膝を曲げたり伸ばしたりするときに、半腱様筋・薄筋・縫工筋と膝の内側の靭帯が擦れあって痛みが出ます。 この3つの筋肉の硬さ・しこりが痛みを長引かせる原因となります。 スポーツでの負担や日常生活での負担が3つの筋肉を硬くしてしまい、その結果、硬くなった筋肉に膝の内側に引っ張られる力がかかりなかなか症状がなくなりません。 ですので、痛みが出ている部分を施術することももちろん大切ですが、硬くなった部分をそのままにしておくとなかなか良くなりません。 鵞足炎は痛みの出ている部分を施術するのと、筋肉のしこりを取り除く施術が必要です。

鵞足炎の治療

鵞足炎の痛みの原因となっている3つの筋肉「半腱様筋・薄筋・縫工筋」の血流を改善させ、筋肉の緊張を緩和させる施術を行います。 おいけ接骨院は症状の元となっている動作を分析し、その部分に対しての施術を行います。 硬くなった筋肉には筋肉のしこりがあります。これらを取り除くことで血流が良くなり痛みを取っていきます。 そのためおいけ接骨院での鵞足炎の施術は、整体院やリラクゼーションのようなマッサージとは異なり、筋肉にできた筋肉のしこりに対する施術を主にしていきます。

ハイボルト療法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

鵞足炎の炎症を止めることができる最新の電気機器です。 必要に応じて、より深部の患部局所にピンポイントで施術することで、いち早くスポーツ競技に復帰できるようサポートします。

オスグッドについて

オスグッド(成長痛)とは?

オスグッドは小学生から高校生くらいまでの成長期に多いスポーツ疾患です。 サッカーやバスケット、バレーボールなど、ダッシュやジャンプの動作が多いスポーツで特に多くみられ、ひざのお皿の下の部分に症状がでます。

オスグッド(成長痛)の原因

成長期は身長が急激に増加し、骨が急成長していきますが、筋肉は後から成長していきます。 その際、太ももの前の筋肉の「大腿四頭筋」を使い続けることでよって、柔軟性がなくなり筋肉が硬くなってきます。 その硬くなった大腿四頭筋という筋肉は膝のお皿の下にくっついていて、硬くなった筋肉に引っ張られることでオスグッド(成長痛)という症状が出てしまいます。 特にジャンプやダッシュなどの繰り返していると引っ張られる力が強く加わるため、サッカーやバスケット、バレーボールなどの競技をしている小学生や中学生にオスグッド(成長痛)が多くみられます。

オスグッド(成長痛)の治療

オスグッドの施術

オスグッド(成長痛)の要因となっている「大腿四頭筋」の血流を改善させ、筋肉の緊張を緩和させたりストレッチを加えながら施術を行います。 おいけ接骨院では痛みの原因となっている動作を分析し、痛みの原因に対しての施術を行います。 硬くなった筋肉には筋肉のしこりがあります。これを取り除くことで血流が改善され痛みを取っていきます。 そのためおいけ接骨院での施術は、整体院やリラクゼーションのようなマッサージとは異なり、筋肉にできたしこりや硬さに対する施術を主に行います。

ハイボルト療法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

オスグッドの炎症を止めることができる最新の電気機器です。 必要に応じて、より深部の患部局所にピンポイントで施術することで、いち早くスポーツ競技に復帰できるようサポートします。

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛、ぎっくり腰
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など

坐骨神経痛の症状でお悩みは太田市,みどり市のおいけ接骨院へご相談を!

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 腰から太ももにかけて痛みがある
  • お尻のあたりがビリビリ痛い
  • 足全体的に片方だけが痛い
  • 時々痺れることがある

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは?

坐骨神経とは腰椎から脚にかけて走る神経でお尻の筋肉の間から表面に現れ、太ももの後ろを通りふくらはぎの外側に至る神経です。坐骨神経痛とはこの神経に沿った痛みが特徴的な症状ですが、正式な病名ではなく痛みやしびれを主体とした症候を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

この坐骨神経痛には様々な原因があると考えられています。 腰椎の変形からくる神経の圧迫、神経の出口であるお尻の筋肉での圧迫などがよく言われる坐骨神経痛の原因です。

しかし、そのいずれも神経の圧迫が痛みの原因という古い考えに寄ったもので坐骨神経痛の根本的な原因を言い当てているとは言えず、その神経圧迫理論に沿った治療(骨盤矯正や単なるマッサージ、牽引、手術)は治療効果を発揮していません。

坐骨神経痛の原因

では、いわゆる坐骨神経痛の本当の原因はいったいなんなのでしょうか? 坐骨神経痛、それは坐骨神経に沿った筋肉・筋膜のこわばりや短縮が原因と言われています。

事実、神経の圧迫は痛みを生じさせないということが最新の痛みの生理学によって明らかになっていますし、神経自体の生理機能から考えても神経圧迫による痛みは矛盾が多く医学界でも否定されています。

そこで、筋肉のこわばりや短縮が原因となっているのですがそのそもの症候名が「坐骨神経痛」となっているため神経そのものが悪さをしている先入観が今でも残っているようです。

坐骨神経痛を引き起こす筋肉

その坐骨神経痛を引き起こす筋肉とはどの筋肉なのでしょうか。 原因となる筋肉は実は一つではありません。

代表的なものとしては中臀筋、小臀筋といったお尻(股関節)の外側の深いところにある筋肉や太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)などが主な原因となっている筋肉です。

これらの筋肉は動きが少なく意識して引き伸ばしたり(ストレッチ)、運動をしないと筋肉の運動によるポンプ作用があまり働かす血流が滞りがちになります。太もも裏の筋肉はデスクワークなどで圧迫されていることが多く十分な血流が行き渡らないと痛みやだるさを起こします。

おいけ接骨院では坐骨神経痛の原因を突き止め根本的に治療を行っています。

坐骨神経痛治療

ハイボルト検査で原因がわかる

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

おいけ接骨院のハイボルト検査では、病院や整形外科でのレントゲンやMRIに映らない、筋肉・骨格・末梢神経の状態を検査することが出来ます。 画像に映らないということは、映らない部分を検査する必要があります。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

複合型超音波機器 ustoron

・ランダムアクセス波

・エムキュ-ブウエ-ブ搭載

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な治療を実現!超音波のマイクロマッサ-ジ効果で、通常治療できない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にし、神経や血液の流れを整え、今まで変わらなかった症状や取れにくい痛みを取ってくれる優れもの!

姿勢分析・各種検査

現在のお身体の状態を検査し、本当の痛みの原因をしっかり検査していきます。

骨格矯正

骨盤や背骨の歪みをソフトな矯正することで、関節や筋肉に負担がかからないようにしていきます。 負担が減るので痛みの出にくい体になりますので、根本的に痛みの原因が解決されます。

坐骨神経痛の根本的な治療法

根本治療

おいけ接骨院ではMRIやレントゲンでは見つけられない筋肉や関節の異常を発見し、根本治療を行い痛くなりにくい身体づくりを目指します。 骨格、筋肉、神経の三つの方向から、痛みをとる治療を行います。

筋肉調整

繰り返す痛みの原因は、筋肉が「血流不足状態」により生じる筋肉のしこりが原因です。 筋肉のしこりができると、力が入りづらくなったり、痛みがあちこちに出てくるようになります。リラクゼーションのようなマッサージではなく、このしこりを取り去る治療をしないといけません。

骨格調整

おいけ接骨院の矯正はバキバキしないソフトな矯正です。歪みを矯正することで筋肉や関節への負担が減少するので、回復する効果が持続します。

神経調整

神経が過剰興奮を起こしていると、痛みを強く感じてしまいます。おいけ接骨院では、こういった過剰興奮している神経に対して、特殊機械を用いてアプローチします。

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛、ぎっくり腰
スポーツ障害、スポーツ外傷
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状 肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛 肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷 腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛 股:股関節痛・手根官症候群 指:突き指・マレットフィンガー 膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷 下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント) 足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷) 筋疲労回復(乳酸除去)など