コンテンツへスキップ

自律神経について

自律神経の乱れの原因と症状は主に、ストレスや不規則な生活と体の不調で、放置すると症状が増えたり進行する恐れがあります。

ストレスは精神的なものや人間関係など、神経をすり減らすもの全般が自律神経の乱れの原因にあてはまります。 一方、不規則な生活とは夜ふかしやバランスを欠いた食事、座り過ぎや運動不足などが挙げられます。

自律神経の乱れの原因と症状

度重なる肉体疲労も自律神経の乱れを引き起こしますし、慢性的な睡眠不足もまたリスク要因の1つです。夜勤のある仕事だと、ついつい不規則な生活になってしまいますから、それが長く続くと自律神経の乱れに繋がります。自律神経の乱れが生じると焦燥感や不安感を覚えたり、頭痛や肩こりといった身体症状が発生します。

人によっては全身のだるさや手足のしびれ、動悸や不整脈を感じることもあります。 疲れているはずなのに寝つけない、眠っても短時間で目が覚めてしまう人は、自律神経の乱れに注意です。

胃炎や下痢、過呼吸といった症状にも自律神経の乱れが関わっていることがあるので、これらの症状に思い当たるものがある場合は気をつけましょう。 原因と症状の対策は適度なストレス発散や十分な睡眠、バランスの良い食事に適度な運動と当たり前なものばかりなので、生活の基本を見直すことが大切だといえます。

自律神経の乱れは当院にお任せください

自律神経の乱れでお悩みの方は当院にお任せください。

当院は患者様の健康的な体のバランスを整える身体作りを目指しています。患者様の「悩み・痛み」を根本から改善し、再発しない身体づくりをしています。 お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。