コンテンツへスキップ

太田市・桐生市のおいけ接骨院のドケルバン施術

ドケルバンについて

骨と筋肉を繋ぐ組織を腱を言いますが、腱が通るトンネルになる腱鞘が何かしらの原因で炎症を起こしたり厚く狭くなって、腱鞘をスムーズに通過できないのが腱鞘炎です。

狭窄性腱鞘炎と言うのが代表的で、親指を伸ばすための伸筋腱が狭窄されて起きるのがドケルバンになります。

ドケルバンの原因と症状

指を曲げる屈筋腱において炎症が出るばね指など、患者が多いと言われています。スポーツや事務仕事など手や指を使う人に見られるのが特徴的で、親指を広げると手首に出る2本の腱と、手首の背に位置する腱鞘の間において摩擦が生じ炎症が起きると発症するのが原因です。

親指を使い過ぎてしまい負荷がかかったり、腱鞘が厚くなり腱の表面に傷がつくのが炎症の原因になります。負荷がかかり続けると刺激になっていき、悪循環に陥ることが多いです。手首の一部に2つの腱を分けて通す隔壁がありますが、腱の数や隔壁の数などには個人差があります。

ドケルバンはおいけ接骨院にお任せ下さい

ドケルバンのお悩みはおいけ接骨院にお任せください。

健康的な体のバランスを整える身体作りを目指しています。一人一人の「悩み・痛み」を根本からアプローチし、再発しない身体づくりをしています。お悩みの方は一度お気軽においけ接骨院にご相談ください!お待ちしております。

太田市・桐生市のおいけ接骨院のばね指施術

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 指を動かすと痛む
  • 指の曲げ伸ばしがツライ
  • パソコンのタイピング中に指が痛む
  • スマホを触ると指が痛む
  • 物を掴む時に指が痛い
  • 指を曲げてから伸ばすのに引っかかる
  • 指が痛いので曲げることができない

ばね指ばね指

ばね指の原因

ばね指

発症する主な原因は、指の屈筋腱の腱鞘炎で引き起こされると考えられています。 指の屈筋腱は滑膜性腱鞘で保護されていて、靭帯性腱鞘というトンネル状の腱鞘の中を滑膜性腱鞘がスムーズに通ることによって指がスムーズに動いています。 しかし、手先を酷使すると腱鞘部分の摩擦が強くなって炎症が発生してしまい、そうすると腱鞘が厚くなりトンネルの中をスムーズに通れなくなって、カックンと引っかかりを感じるようになります。その結果、指を曲げたり伸ばしたりする動作でばねのような反動が発生したり、一定以上動かなくなったりしてしまうのです。指の屈筋腱の腱鞘炎を起こす原因は指の使い過ぎで、仕事や家事などで指を酷使してしまう方が発症しやすいといわれています。また、女性の場合は出産後や閉経後などによるホルモンバランスの乱れで発症しやすいですし、関節リウマチ・糖尿病・透析をされている方にも多くみられます。

ばね指の施術方法

太田・みどり市おいけ接骨院

ばね指の治療方法としては、基本的には保存療法でよくなることが多いです。 おいけ接骨院では痛めている部分には特殊電療機や超音波によるコンビネーション療法にてアプローチしていきます。 またばね指以外にも骨盤が歪んでいたり、その影響で背骨や肩甲骨、肩、上腕、前腕と動きが悪くなってしまっていたり、筋肉のしこりがあることも多くそこに対するアプローチまでしていきます。そうすることでばね指の部分に負担がかかりにくくするのです。

 
ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

おいけ接骨院ではばね指をハイボルト療法で皮膚抵抗が少ない(ピリピリ痛い感じが少ない)ほか、高電圧の電流量をピンポイントでアプローチしていきます。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

複合型超音波機器 ustoron

・ランダムアクセス波

・エムキュ-ブウエ-ブ搭載

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な施術を実現!超音波のマイクロマッサ-ジで、通常は届かない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にしていきます。

ばね指を放っておくと大変・・・
指が腫れてきてしまう!
自力で指が伸ばせない!
痛みが強くて日常生活に支障が多くなる!
ばね指が悪化する前に・・・
おいけ接骨院へご相談を!!