コンテンツへスキップ

腱鞘炎について

腱鞘炎の腱鞘とは、筋肉と骨を結びつける腱を覆っており、関節を曲げたときに腱が離れていくのを防ぎます。

それにより手指の先まで力が伝えることができ、その様子から滑車に例えられることもある部分です。腱鞘炎は、その腱鞘がこすれて炎症が起きている病気のことを言います。

腱鞘炎の原因

腱鞘はトンネルのような形で、その中を前述のように腱が通っています。関節を動かすときには、腱が腱鞘の中を行ったり来たりする形になるので、何度も関節の曲げ伸ばしをすると摩擦が生じます。

スポーツで手首を酷使したり、パソコンやスマホの入力で同じような動作を繰り返すと、摩擦もしだいに大きくなり炎症になってしまいます。これが腱鞘炎の原因です。腱鞘炎は、患部によって「ばね指」や「ドケルバン病」といった種類に分類できます。

腱鞘炎の症状

症状は、初期の段階であれば、手首や指の付け根が腫れ上がり痛みがでてくる、関節を曲げるときにひっかかる感じがするという程度です。

しかし、放っておくと腱鞘が腫れて厚くなったり、腱のダメージが深刻になり、関節を動かすことができなくなります。そして、最終的にはその状態で固まり治療をしても指が伸びなくなることもあるので、症状に気がついたら即座に治療を開始するべきです。

腱鞘炎は当院にお任せ下さい

腱鞘炎はおいけ接骨院にお任せください。

腱鞘炎は誰にでも起こりうることでもあり、放置しておくと治療も困難になってしまう恐ろしい症状です。少しでも手首や指の付け根に違和感を覚えたら腱鞘炎を疑うべきです。

当院では患者様に最適な治療を提案し、最後までしっかりとサポート致します。皆様のご来院を心よりお待ちいたしております。
img
img
img
LINEでご相談

デッケルバンについて

骨と筋肉を繋ぐ組織を腱を言いますが、腱が通るトンネルになる腱鞘が何かしらの原因で炎症を起こしたり厚く狭くなって、腱鞘をスムーズに通過できないのが腱鞘炎です。狭窄性腱鞘炎と言うのが代表的で、親指を伸ばすための伸筋腱が狭窄されて起きるのがデッケルバン腱鞘炎になります。

デッケルバンの原因と症状

指を曲げる屈筋腱において炎症が出るばね指など、患者が多いと言われています。スポーツや事務仕事など手や指を使う人に見られるのが特徴的で、親指を広げると手首に出る2本の腱と、手首の背に位置する腱鞘の間において摩擦が生じ炎症が起きると発症するのが原因です。 親指を使い過ぎてしまい負荷がかかったり、腱鞘が厚くなり腱の表面に傷がつくのが炎症の原因になります。負荷がかかり続けると刺激になっていき、悪循環に陥ることが多いです。手首の一部に2つの腱を分けて通す隔壁がありますが、腱の数や隔壁の数などには個人差があります。

デッケルバンは当院にお任せ下さい

デッケルバンのお悩みはおいけ接骨院にお任せください。 当院は患者様の健康的な体のバランスを整える身体作りを目指しています。患者様の「悩み・痛み」を根本から改善し、再発しない身体づくりをしています。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!お待ちしております。

ばね指でお困りの方は太田市,みどり市のおいけ接骨院へご相談を!

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 指を動かすと痛む
  • 指の曲げ伸ばしがツライ
  • パソコンのタイピング中に指が痛む
  • スマホを触ると指が痛む
  • 者を掴む時に指が痛い
  • 思うように指が動かせない
  • 指が痛いので曲げることができない

ばね指ばね指

ばね指の原因

ばね指

発症する主な原因は、指の屈筋腱の腱鞘炎で引き起こされると考えられています。 指の屈筋腱は滑膜性腱鞘で保護されていて、靭帯性腱鞘というトンネル状の腱鞘の中を滑膜性腱鞘がスムーズに通ることによって指がスムーズに動いています。 しかし、手先を酷使すると腱鞘部分の摩擦が強くなって炎症が発生してしまい、そうすると腱鞘が厚くなりトンネルの中をスムーズに通れなくなって、カックンと引っかかりを感じるようになります。その結果、指を曲げたり伸ばしたりする動作でばねのような反動が発生したり、一定以上動かなくなったりしてしまうのです。指の屈筋腱の腱鞘炎を起こす原因は指の使い過ぎで、仕事や家事などで指を酷使してしまう方が発症しやすいといわれています。また先にも触れましたが、女性の場合は出産後や閉経後などによるホルモンバランスの乱れで発症しやすいですし、関節リウマチ・糖尿病・透析をされている方などの病気の方にも多くみられます。

ばね指の施術方法

太田・みどり市おいけ接骨院

ばね指の治療方法としては、基本的には保存療法でよくなることが多いです。 おいけ接骨院では痛めている部分には超音波やES530の立体動体波を主に使用します。また微弱の超音波(オステオトロン)なども効果アップとして有効です。 またばね指以外にも骨盤が歪んでいたり、その影響で背骨や肩甲骨、肩、上腕、前腕と動きが悪くなってしまっていたり、筋肉のしこりがあることも多くそこに対するアプローチまでしていきます。そうすることでばね指の部分に負担がかかりにくくするのです。

ES-530 太田・みどり市おいけ接骨院

FIFAワールドカップやWBC、オリンピック会期中にも使用される、トップアスリートが治療・コンディショニングに用いる 電気刺激療法機器(物理療法機器)です。 中周波という電気を3次元で干渉させ波のように立体的に電気を患部に流す事が出来るようになり、今まで低周波や高周波で届かなかったより深い筋肉・神経・関節内の治療も可能になりました。 疼痛の軽減、関節可動域の改善、ばね指、また日常生活における慢性的な痛み、しびれの改善・解消やぎっくり腰、捻挫などの急性のケガや、病気・手術後のリハビリにも効果があります。

オステオトロンV 太田・みどり市おいけ接骨院

LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra sound:低出力パルス超音波) の音圧効果により、骨折部位の骨形成を促進し、骨癒合期間を40%短縮できます。 通常の骨癒合期間が50日の場合、40%の20日を短縮し30日(1か月)で骨癒合の方向に導きます。複数部位の同時治療や粉砕骨折・複雑骨折等の難治性骨折などにも、効率的な治療が行えます。 オステオトロンⅤは骨折治療器として厚生労働省から認可されています。 最近の研究では、骨組織だけではなく軟部組織(靭帯・腱・軟骨等)の修復過程にも効果があることが報告されています。 変形性関節症による関節の炎症・痛みを緩和し、結果的に不正な関節面を整えます。今まで『ヒアルロン酸』を注入して結果が出なかった方に最適です。 その他、スポーツでの使い過ぎ(オーバーユース)による疲労骨折、腱鞘炎、ばね指、鵞足炎、シンスプリント、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)にも効果があります。 さらに、酸素カプセル・微弱電流マイクロカレントとのコンビネーションにより早期回復へと導きます。 ※LIPUS(Low Intensity Pulsed Ultra sound:低出力パルス超音波) とは・・・ 骨に機械的刺激を与えると、その刺激に応じて骨が形成、修復されることが確認されています。超音波骨折治療法は、きわめて出力の弱い超音波を断続的に発振することで骨折部位に音圧刺激を与え、骨の癒合を促進します。 ※骨癒合期間の短縮には個人差があります。