コンテンツへスキップ

TFCC損傷について

TFCCとは手首の小指側にある尺骨頭と尺側の手根骨の間にある三角繊維軟骨、尺側側副靭帯などの複合体のことで三角繊維軟骨複合体(TFCC)とも言います。

TFCC損傷の原因

TFCC損傷

TFCC損傷の原因は、手をついて倒れたり、ひねったりすることで損傷します。スポーツやお仕事などで繰り返し動作による手首の負担で三角繊維軟骨複合体(TFCC)は損傷するものもあります。

その中でも手首の使い過ぎでTFCC損傷になるケースが多く、特に産後の女性で関節がゆるくなっている時期に、家事や育児などで手首を繰り返し曲げ伸ばししすぎて手首を痛めていることが多いです。

TFCC損傷の症状

手をついて転倒したなどの衝撃によるものは尺骨突き上げ症候群とも言い、本来手根骨と尺骨の骨の間には軟部組織がクッションの役割を果たしていますが尺骨が突き上げることで間の軟部組織が損傷しクッションがなくなることで痛みが出ます。 本来手首の関節は伸展(背屈)動作時に少しだけ小指側(尺屈)の方に傾きながら動かします。

しかしその尺骨が突き上がると本来伸展時に小指側に傾けるところが手根骨と尺骨に引っ掛かり、傾けられなくなります。その引っ掛かりが原因なので尺屈側に傾けたり、手を回す動作で痛みが誘発されると言われています。

TFCC損傷はおいけ接骨院にお任せください

TFCC損傷の施術は保存療法を行うことがほとんどです。もちろん何も施術を行わずに放っておくと状態が悪くなることも多く、慢性的な状態に移行してしまう恐れがあります。

おいけ接骨院では手技療法と組み合わせ、筋肉の柔軟性を獲得したり、関節の調整や関連する部分までも動きをよくしていきます。そのような事をしていく事で筋肉や関節が原因で痛みが出ているのであれば動きや痛みに変化が出てきたり、状態が落ち着いてくることがあります。また特殊電気療法でも関節の柔軟性を作っていきます。そうすることでまた痛みの繰り返さない状態を目指していきます。

TFCC損傷でお悩みでしたらおいけ接骨院にお任せください。ご来院お待ちしております。

手首、指の痛みについて

産後のママには、赤ちゃんのお世話での負担や体の変化の影響で様々なトラブルが起こります。特に多いのが、腱鞘炎による手首の痛みが挙げられます。

手首、指の痛みの原因と症状

原因は、手の使い過ぎや重たいものを持つと筋肉が硬くなり、腱鞘への圧力が強くなることで腱との間に摩擦が起こるためです。

もとより腱と腱鞘は摩擦が掛からない構造になっていますが、負担がかかり摩擦が何度も繰り返されると状態が悪くなり、腱が厚くなってきたり腱鞘のトンネルが狭くなったりします。こうなると、ちょっとしたことでも摩擦が起きるようになり、慢性的な腱鞘炎となります。

主な症状としては、手首・指の痛みや、親指の付け根の痛みなどが挙げられます。また、「曲げると引っかかる感じがする」「手首を回すと痛い」「物を持つときに痛む」などの症状が見られます。

これらの違和感や痛みにお悩みをお持ちでしたら、早めにおいけ接骨院へご相談を頂ければと思います。

手首、指の痛みはおいけ接骨院にお任せください

おいけ接骨院は、指・手首の施術を得意としています。指や手首の関節の部分のみの施術だけでなく、動作や構造上、関係する箇所を全て検査、鑑別いたします。

おいけ接骨院は、症状を落ち着かせると同時に関節の可動域や筋肉の柔軟性をよくしていき、再発しないような根本的な施術を行っています。他に骨盤の歪みなども検査していき体の土台となる部分のバランスも作っていきます。また、特殊な電気療法も併用していき、全体的なバランスを整えながら痛めた部分にアプローチしていきます。

手首、指の痛みでお困りの方はおいけ接骨院へ是非ご相談ください。

産後の腱鞘炎について

腱鞘炎の腱鞘とは、筋肉と骨を結びつける腱を覆っており、関節を曲げたときに腱が離れていくのを防ぎます。

それにより手指の先まで力が伝えることができ、その様子から滑車に例えられることもある部分です。産後の腱鞘炎は、その腱鞘がこすれて起きている状態のことを言います。

腱鞘炎を患うと、子どもを抱っこする時や雑巾を絞る時などに、とても痛く辛いものです。このように痛みが強い場合は、悪い状態です。触ってみて他の場所よりも熱く感じる場合は、冷やすことを優先させるとよいです。

産後の腱鞘炎の原因

腱鞘はトンネルのような形で、その中を前述のように腱が通っています。関節を動かすときには、腱が腱鞘の中を行ったり来たりする形になるので、何度も関節の曲げ伸ばしをすると摩擦が生じます。

赤ちゃんをだっこするような動作を繰り返すと、摩擦もしだいに大きくなり炎症になってしまいます。これが産後の腱鞘炎の原因です。産後の腱鞘炎は、場合によって「ばね指」や「ドケルバン」といった種類に分類できます。

産後の腱鞘炎の症状

症状は、初期の段階であれば、手首や指の付け根が腫れ上がり、関節を曲げるときに痛みやひっかかる感じがするという程度です。

しかし、放っておくと腱鞘が腫れて厚くなったり、腱のダメージが深刻になり、関節を動かすことができなくなります。そして、最終的にはその状態で固まり施術をしても指が伸びなくなることもあるので、症状に気がついたら早いうちに施術を開始するべきです。

産後の腱鞘炎はおいけ接骨院にお任せ下さい

産後の腱鞘炎はおいけ接骨院にお任せください。

産後の腱鞘炎は誰にでも起こりうることでもあり、放置しておくと施術も困難になってしまい悪い状態が長引きやすいのが特徴です。少しでも手首や指の付け根に違和感を覚えたら産後の腱鞘炎を疑うべきです。

おいけ接骨院では一人一人の状態に合わせた施術を提案し、最後までしっかりとサポート致します。どうぞ一度ご相談下さい。

手首、指の痛み、腱鞘炎、TFCC損傷、ばね指でお困りの方は太田市,みどり市のおいけ接骨院へご相談を!

こんな症状ありませんか??
  • 物を持つことが多く手首・指が痛い
  • 手首を回すと痛い
  • 腱鞘炎と言われた
  • ばね指と言われた
  • 曲げると引っかかる感じがする
  • 指を動かすのが痛い
  • 親指の付け根が痛い

腱鞘炎の痛み腱鞘炎の痛み

おいけ接骨院は指・手首の施術を得意としています

おいけ接骨院では、指や手首の関節の痛みや症状の出ている箇所のみの施術ではなく、動作や構造上、関係する箇所を全て検査し、症状を落ち着かせると同時に関節の可動域や筋肉の柔軟性をよくしていき、再発しないような根本的な施術を行っています。
指や手首の痛みにおいては特殊な電気療法も整備されておりますのでお困りに方は、是非ご相談ください。

腱鞘炎

太田・みどり市おいけ接骨院

腱は筋肉の延長線上にあり、骨に付着することで筋肉の収縮を骨に伝え骨を動かします。
腱鞘は、主に手足にあり、腱がズレないようにする為のトンネルのようなものです。
腱がベルトで、腱鞘がベルト通し、とイメージするとわかりやすいでしょうか?手を使うたびに、腱が腱鞘の中を行ったり来たりと移動します。手の使い過ぎで、腱と腱鞘が何度も擦れると痛みが出てきます。腱鞘のある部位では、どこでも腱鞘炎が起こる可能性がありますが、構造上と使用頻度の問題で親指の付け根あたりに腱鞘炎を起こしやすいです。

腱鞘炎の原因

腱と腱鞘は摩擦が掛からない構造になっていますが、使い過ぎや重たいものを持つと筋肉が硬くなり腱鞘への圧力が強くなり腱との間に摩擦が起こります。摩擦が何度も起こると炎症を起こして、腱が厚くなってきたり腱鞘のトンネルが狭くなったりします。こうなると、ちょっとしたことでも摩擦が起きるようになり、慢性的な腱鞘炎となります。

産後のママも多い!

太田・みどり市おいけ接骨院

産後のママが腱鞘炎になりやすい理由は、赤ちゃんのお世話による手首の酷使です。状態が悪くなると抱っこができないくらいの状態になることもあります。
ママは毎日、赤ちゃんを長い時間抱っこしていますよね。また、生後2ヶ月頃まで、授乳は1日に10回を超えるほど。最初は赤ちゃんも上手におっぱいが飲めず、1回あたりの時間が長くかかってしまうことも多いかもしれません。
さらに初めての出産の場合、ママが赤ちゃんを抱っこすること自体に慣れていないため、落とさないようにと無意識に力が入ってしまいます。この緊張によって、腱鞘や腱、手首を余計に酷使してしまうのです。

産後は腱鞘、腱、手首に負担をかけるようなことは少ないように見えますが、さり気なく手首を使っている場面が沢山あります。
抱っこを始め、赤ちゃんの入浴や授乳では赤ちゃんの頭を手首で支えていますし、毎日のおむつ替えもあります。
それら1つ1つは小さな作業ですが、毎日行うとなるとじわじわと手首に負担をかけることになるのです。ママは手首が腱鞘炎になっても安静にすることもできず、悪化してしまうことも多いです。
手首に集中して負担をかけてしまっているだけでなく、産後のママ特有の原因として、女性ホルモンの影響が考えられます。産後は妊娠中に増加傾向にあったエストロゲンの分泌が減少し、代わりにもう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンが多く分泌されるようになります。このホルモンには、出産で開いてしまった子宮や骨盤の収縮を促すなどの作用があり、産後のママの身体に必要なホルモンなのですが、その収縮作用は腱鞘炎の原因である腱鞘も狭くしてしまうので、炎症を起こしやすくなっています。

腱鞘炎の施術

腱鞘炎は、名前の通り炎症を起こしていますので、炎症が引くまで安静にしておくのが一般的です。
ただ、手を使わないというのは、ほぼ不可能なのでサポーターなどの固定具で安静を図ります。特殊電気療法などで腱鞘炎の症状を落ち着かせていきます。他に手技で筋肉をマッサージしたり、ストレッチなどの予防をしていきます。また、手の使い方や生活環境・職場環境を見直して、腱鞘炎の部分に負担が掛からないように指導していきます。
その他、おいけ接骨院では手に負担を掛けないような体づくりを行います。
手を使うという動きは、手だけを使っているように思われますが、実際には肘・肩・背中が動くことで、手の細かな動きや握力をサポートしています。また骨盤の歪みがあることでも関節の動きが悪くなりやすくなるため骨盤矯正も行うこともあります。しかし多くの場合、肘・肩・背中などの動きや筋肉の硬さに問題があると、手に負担が掛かり腱鞘炎につながります。
腱鞘炎のアプローチ方法としては、検査によってどこが悪いか見極めてから、骨盤矯正を行なったり、動きの悪い関節を直接動かしたり、スムーズな動きの確保のために筋収縮後のリラクセーション作用を利用したりします。