コンテンツへスキップ

事故に遭ってしまったときは太田市,みどり市のおいけ接骨院へお任せください!

交通事故に遭ってしまった時は、太田市藪塚の おいけ接骨院 にご相談ください。365日電話対応いたします。

0277-47-7077
緊急連絡先090-2145-5393
交通事故後の負傷の治療・リハビリに自身があります!

交通事故に遭ってしまったら?!知っておきたい6つのポイント

交通事故に遭ってしまったら?! 知っておきたい6つのポイント

STEP1.ケガを負った人を助け、道路上の危険を回避しましょう

すぐに運転を止めて、ケガした方を救護します。2次災害が起こるのを防ぐため、ケガ人が軽傷なら安全なところへ避難。 重症の場合は動かさず救急車を待ちましょう。

STEP2.警察に電話しましょう

次に、警察へ電話しましょう。大した事故ではないと自己判断しないようにしましょう。その時痛みがなくてもあとから痛みが出る場合もあります。その際に連絡しないと、保険会社に保険金を請求するための事故証明書が出ません。 また、加害者には届け出の義務があります。必ず届け出ましょう。

STEP3.加害者と加害車両の確認しましょう

加害者の氏名・住所・自宅、携帯電話番号、車の車種、色、ナンバー、可能であれば免許証・車検証も携帯カメラで撮影しておきましょう。 後々問題になることがあるのでしっかり確認しましょう。

STEP4.事故状況を記録しておきましょう

後日争いになった時の証拠となります。必ず事故現場の痕跡、ブレーキ痕、壊れた自動車を加害車両・被害車両ともに記録しましょう。 また目撃者の名前・連絡先を聞いておきましょう。

STEP5.ご自分の保険会社に連絡しましょう

ご自分の車が加入している保険会社にも連絡してください。しっかりと事故の状況を伝えましょう。

STEP6.体に違和感や痛みがあれば必ず受診しましょう

救急車で運ばれるような大けがなら当然ですが、当初痛みが出ずに後日症状が出ることが多いです。事故直後は興奮とパニックで症状に気が付かない場合がありますが、違和感や心配であればなるべく当日の内に受診しておきましょう。なお当日、保険会社と連絡が取れなくても後日連絡いただければ受診可能です。

早く受診した方が痛みが強くなりにくかったり、治りが早くなることが多いです。ケガ全般がそうですが、捻挫したり、ぶつけたりした場合はすぐに処置をすることで回復が早くなりますが、交通事故の場合、痛みに気づくのが遅れたり、知らずに我慢していたり、忙しくていけないという理由などで治りが遅くなってしまうことが多いです。

交通事故は本人が思う以上に普段ないような激しいダメージが加わります。体にとって重大な事ですから、自己判断せずしっかりと受診し判断することをオススメします。

交通事故あるあるQ&A

交通事故あるあるQ&A

交通事故にあってしまったら?

警察に連絡し、状況を話しましょう。また相手の状況をできる限りメモしましょう。 ○加害者の氏名、住所と連絡先 ○車の車種、色、ナンバー ○任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名

接骨院で交通事故による負傷は施術できますか?

交通事故による負傷(むちうちなど)であれば重い軽い関係なく施術できます。他に些細な負傷に対しても一度ご相談ください。 病院、整形外科などの医療機関の治療が合わず、おいけ接骨院との併院や、医療機関から転院して頂いた方は多くいらっしゃいます。 「保険会社や、医療機関で整骨院との転院、併院を認められなかった」と言われる方が多いのですが、しっかりとむち打ちの症状を良くしていきたい!という方に、これだけは覚えていただきたいことがあります。 「どこに通院するのか、決定権は交通事故に遭われた本人の意思」ということです。 極端ですが、「保険会社や病院、整形外科を気にしなくてもよい」ということです。 しかし、交通事故に遭われた方の中には身体の状態よりも、手続きの面倒さや、保険会社との関係性を気にする方が多く、ご自身のお身体を良くしていくための施術を選んでいないという方がたくさんいらっしゃいます。だからこそ、しっかりとした施術を、適切な時期に受けられるようにおいけ接骨院では施術体制を通院しやすいように整えました。 一人でも多くの交通事故に遭われた方を救いたいという思いで、保険会社とのやり取りの手助けや、体のお悩み、心の不安、施術期間についても丁寧にアドバイスさせていただいております。またそこに提携している専門家もいます。 適した施術でしっかり良くしていきたい方は、まずおいけ接骨院にお気軽にお問い合わせください。

接骨院と整形外科での施術にはどのような違いがあるのですか?

整形外科での施術とは、定期的に検査を受けて、体の把握をしていきます。注射や薬事療法や物療機器による治療が中心だと思われます。 接骨院での施術は、後遺症が残らないように一緒に痛めた部分の根本にアプローチしていきます。人の手を用いた手技療法を主体とし補助的に物療機器を用いて施術を行います。

施術を始める際に何か提出書類が必要ですか?また手続きは面倒ですか?

施術を受けるために特に書類や特殊な手続きは必要ではありません。すぐに施術を受けることができます。保険会社への連絡は、来院後でも構いません。まずは、おいけ接骨院にご相談下さい。

保険会社が施術する医療機関を決めるのですか?

ご本人が決めることです。通院先の、院名と電話番号を伝えれば、保険会社と接骨院が話を進めます。 *よく相手方の保険会社が医療機関を薦めたり、○○に行ってください。と言われることがありますがあくまでも決定権は本人です。本人が施術を受けたい接骨院を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをしてくれます。

加害者が保険に加入していないと言っていますが?

車を所有している方であれば、強制保険(自賠責保険)に入っています。任意保険に加入していない人はいます。 (自賠責保険の証明書をクルマやバイクに乗せていないと、それだけで30万円以下の罰金です。また、自賠責保険未加入の場合は、50万円の罰金または懲役1年以内の刑事罰という非常に厳しい懲罰が科せられ、さらに道路交通法違反により、ただちに免許停止処分となります。)

施術するのに予約は必要ですか?

一度お電話やLINEにてご相談ください。来ていただいた時にスムーズにカウンセリングに入れるように事故状況などお聞きします。

施術内容は?

手技療法、酸素カプセル、超短波、総合刺激装置(ES530)、ウォーターベット、高周波治療、超音波治療、メドマー、ゆとりーむ、マイクロカレント、テーピング、温冷罨法など症状に合わせて施術プランを決定します。→すべて施術費は窓口負担0円です。(例外あり)

酸素カプセルはどのくらいのペースがいいですか?

週1~2回ペースで利用して頂く事をおすすめしております。

施術費は誰が払うのですか?

相手方が加入している保険会社が支払います。交通事故の場合、自賠責保険により施術費がまかなわれますので、窓口負担はありません(例外あり)。ただし保険会社への連絡が取れない状態で来院された場合(休日・夜間等)、窓口にて5千円を預かります。連絡が取れ次第、全額返金いたします。

証明書は発行できますか?

はい、警察提出用の証明書を発行いたします。

突然、行っても施術してもらえるのですか?

もちろん可能です。

施術期間は?

交通事故は症状によりますが、一般に1~6ヶ月です。

現在、病院に通院しているが施術は可能ですか?

交通事故の場合、病院に通院しながら、当院で治療を受けることも問題ありません。おいけ接骨院で施術を受け、病院で定期的にフォローアップされている方も大勢います。

現在かかっている医療機関や接骨院をかえたいのですが?

保険会社に電話で伝えれば、変更可能です。保険会社は、速やかに手続きをしてくれます。→もしも拒むことがあればご相談下さい。

事故で入院していたのですが、退院後のリハビリはできますか?

はい、できます。部位によっては同時に行えますので、お気軽にご相談ください。

事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での施術はできますか?

基本的には取扱いできますが、あまり時間が経過していると事故か日常生活での痛みなのか原因がハッキリしなくなります。違和感がある時点で、早めに来て頂くことをお勧めします。様々なケースがありますので、念のため、保険会社にお問い合わせください。

毎日通院していいのでしょうか?

大丈夫です。症状が改善するまで、毎日施術が受けられます。

施術期間や負傷箇所の制限がありますか?

施術期間や負傷箇所の制限はありません。例えば、首や腰、膝などを複数同時に負傷しても、全て施術を受けることができます。

レントゲンでは異常なしと言われたのですが、違和感や痛みがあります。施術できますか?

レントゲンは、あくまで骨折やひび等を診断するもので、筋肉や靭帯の炎症や損傷等については確認ができませんので、接骨院で徒手検査にて見させていただきます。

仕事で夜間にしか通院する事ができないのですが・・・?

受付時間夜8時迄ですが、交通事故の患者様は夜間時間外(9時頃まで受付)でもお受けいたします。お仕事をしながら交通事故の施術にみえる方の多くが夜の時間帯を利用されています。また朝も8時からですが仕事前に来院したい方も、お気軽にご相談下さい。

保険会社から、そろそろ施術を中止しませんかと、催促されますが。

保険会社が強制的に施術を中止させることは出来ません。あくまでも保険会社側の都合で判断されることがあります。つらい症状が残っているようでしたら、施術を中止する必要はありません。

交通事故の示談後の場合は施術できないのですか?

おいけ接骨院では各種保険治療も行っております。お気軽にお尋ね下さい。

太田市・桐生市のおいけ接骨院の交通事故治療

おいけ接骨院が交通事故に遭われた方に選ばれている理由

おいけ接骨院が
交通事故に遭われた方に
選ばれている理由

  • 理由1院長自身がしっかり問診している院長が現場主義をモットーにしており、お客様ひとり一人をしっかりと診ます。
  • 理由2朝8時から夜8時まで受付している忙しい方の為に「仕事終わりでも通える」「学業前でも通える」とご評判をいただいております。
  • 理由3施術者全員国家資格を保有している施術者全員が国家資格(柔道整復師)を保有しており、安心して施術を受けることができます。
  • 理由4酸素カプセルも併用して施術できる事故後は自律神経が乱れやすいです。酸素カプセル入ることで自律神経の調節をしていきます。
  • 理由5整形外科と提携して施術が進められるおいけ接骨院では交通事故において信頼できる整形外科の先生と提携しているためリハビリはおいけ接骨院、診察は整形外科、という形で安心して施術をすすめられます。
  • 理由6お客様の施術にかかる窓口負担がなし(例外あり)交通事故の施術については窓口料金が0円で受けることができます。
  • 理由7提携している弁護士、司法書士の先生と相談できる交通事故における具体的な専門知識を相談出来るため、安心して施術が進められると好評いただいております。
交通事故後の負傷の施術・リハビリに自身があります!

交通事故施術とは

交通事故施術とは

交通事故施術とは

交通事故によるむち打ちの施術とは、一般的に交通事故が原因の痛みの施術のことを指し、主に自賠責保険による施術のことをいいます。 おいけ接骨院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また、他でむち打ち施術を受けていても、思ったように治らなくて困っている方などのご相談に応じております。

※交通事故の場合、自賠責保険により施術費が出ます。 交通事故での衝撃には、強い弱い関係なく日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多いです。 自分で思ってる以上に組織は損傷している可能性がありますので、放置していると痛みがますます強くなったり、2次的障害(肩こりや腰痛や慢性的な痛み)へと発展することもあります。 そのようなさまざまなむち打ちによる辛い症状を残さないためにも、早期にきちんとしたむち打ちの施術を受ける事をおすすめします。

おいけ接骨院の交通事故施術

おいけ接骨院の交通事故施術

おいけ接骨院では、交通事故に伴う様々な痛みや、不調などのむち打ち施術を専門に行っております。

交通事故によるむち打ちで身体を痛めてしまった方、どうぞお気軽にご相談ください。 おいけ接骨院では、むち打ち・交通事故からくる様々な症状の臨床を重ね、現在むち打ち施術を行っています。 これまでの臨床の結果、交通事故の強い衝撃によって、全身の筋肉バランスが崩れる場合が多く認められます。 この状態で、放置してしまうと多くの場合でむち打ちによって後遺症を残してしまうのです。 おいけ接骨院では、全身の骨格や筋肉のバランス調整を得意としています。ほとんどが電気療法、手技による丁寧な施術をいたします。 また痛みがあるところだけでなく全身をみながらむち打ち施術を行います。

全ての施術費は窓口ではかかりません(例外あり)

全ての施術費は窓口ではかかりません(例外あり)

おいけ接骨院では様々な施術機器を用意しております。

地域1番の最新機器を用意しております

酸素カプセル、超短波など自律神経を調節する機械をはじめウォーターベッド、特殊電療機器、メドマー、超音波施術などを駆使して事故の状況やケガの状況、その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人の症状にあわせたむち打ち施術を行なっていきます。

交通事故によるむち打ちは、一般的なケガよりも体に掛かる負担が大きいです。しっかりとむち打ち施術を行わない場合、後遺症に悩まされることもありますので、早期のむち打ち施術がとても大切になります。

早期の施術が大事です

早期の施術が大事です

早期の施術が大事です

交通事故が原因の痛み(むち打ち、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感 等)は長期化したり、後から症状が出たりしますので軽く考えないでください。

例えば、たくさん人がいる中で転んだ時、ものすごく痛くても「痛くないから大丈夫です!!」と、その場は言っても、後になってから痛みを強く感じたりしませんか? その場は交感神経(興奮する神経)が活発になり痛みを感じにくいのです。交通事故も同じです。その時は痛くなくても後から痛みが出ることが多いのです。 小さな事故でも身体には相当の衝撃が加わっていることも多いです。筋肉・靭帯や脊椎が損傷しているのに薬と湿布だけで治ると思いますか?

「そのうち治るだろう」「気のせいかもしれない」と自覚症状を無視して放っておくと、後々とてもつらい思いをする事があります。 後遺症にならないように、早期のむち打ち施術をお勧めします。

事故後の代表的な症状

  • 首、肩、頭部の痛み
  • 首の痛みとその周辺(頭部、肩、腕、手など)の痛み
  • 吐き気、嘔吐
  • 肩、腕、手などへのピリピリした神経痛、シビレ
  • 首の動きが悪い →症状が慢性化すると、首のこわばりも加わります。

上記に該当する方は、以下のような事が起こっている可能性があります。

  • 筋肉の損傷
  • 靭帯の損傷
  • 神経の圧迫、損傷
  • 椎間板の損傷
  • 骨の損傷
  • 血管の損傷

施術開始時7つのポイント

施術開始時7つのポイント

1.おいけ接骨院では交通事故によるむち打ち施術が受けられます!

おいけ接骨院では交通事故施術が受けられます

交通事故で受けたむち打ちなどのケガについて、接骨院では手技や電気療法により痛めたの筋肉をほぐすなどの施術ができ、病院では行わない分野での施術内容になります。 おいけ接骨院ではプロのスポーツ選手が愛用している最新の施術器が充実していますので、交通事故にて痛めた部分に合った施術法を選択し基本的にはオーダーメイドにてすすめていきます。 また医師や保険会社の担当者などとの接し方やむち打ち施術の受け方などには十分な知識が必要です。おいけ接骨院ではしっかりとサポートしていきますのでご安心くださいませ。

2.交通事故で受けた被害は自己負担にはなりません!(例外あり)

交通事故で受けた被害については、被害者の方に過失がない限り、接骨院での施術費も自賠責保険金の範囲では国からの保証が受けられます。 もし超えてしまってもほとんどが相手側の保険会社の負担となるため、被害者の方のご負担はありません(例外あり)。 また、過失がある場合でも、人身傷害保険に入っていれば、その保険から施術費が支払われます(例外あり)。 さらに、過失があり、人身傷害保険に入っていない場合でも、自賠責保険金の範囲内であれば、過失が70%未満なら全額が、過失が70%以上なら20%減額された額が、自賠責保険から支払われます。

3.自費施術でも施術費の負担はありません!

健康保険診療ではなく自費施術でも施術費の支払いが受けられます(例外あり)。 自費施術では、健康保険施術ではできない内容の施術を受けることができ、痛めた部分を早く良くしていくことが期待できます。 基本的には交通事故に遭われた本人の意思が尊重されます。また健康保険を使うことは義務ではありません。

4.すぐに施術を開始してください!

事故から施術開始までの間隔が空くと、事故とけがの関係が否定され、保険会社から施術費などの支払いを受けられなくなる可能性があります。 そのため、事故のケガをされた場合は、必ず事故当日、それができない場合はできるだけ早く施術を開始してください。 自分では判断できない場合はおいけ接骨院にてお気軽にご相談ください。

5.整形外科医などの診断書に正確な記載をしてもらってください!

整形外科医から診断書をいただきましょう

保険会社から先に整形外科に行くよう言われてもおいけ接骨院では交通事故に遭われた方をしっかりサポートしてくれる整形外科をご紹介出来ますのでまずは来院してください。 紹介状にてそこでしっかり診てもらうべき箇所をお書きします。 初めからおいけ接骨院に来ていればよかったと後悔しないために一番最初に来ていただければと思います。

6.早い段階で必要な検査を受けることが重要です!

早い段階でMRI検査などを受けていないと、その後の症状が悪化した場合などに、事故と関係ない、あるいは、軽傷案件であると誤解され、適切な施術や賠償が受けられないおそれがあります。 頭を打ったり、首をひねったり、めまいがするような場合には、必ずMRI検査などの必要な検査をできる限り早く受けてください。

7.交通事故に詳しい弁護士先生や司法書士をご紹介いたします!

医師との接し方、受けるべき検査、加害者との接し方、保険会社への対応の仕方、警察への対応の仕方など、事故直後から注意しなければならないことがたくさんあります。 おいけ接骨院では提携している交通事故に詳しい弁護士先生や司法書士先生がいますので、しっかりサポートしていただけます。ご要望の際はぜひご相談ください。

施術期間中のポイント

施術期間中のポイント

絶対に通院の間隔を空けてはなりません!

通院の間隔が空いてしまうと施術の効果が落ちるとともに、保険会社からケガがよくなったとみなされて、その後の施術が受けられなくなってしまうおそれや、慰謝料などの賠償金もその時点までのものしか受け取れなくなってしまうおそれもありますので、痛みがあるうちは、絶対に施術の間隔を空けないでください。

整形外科医などの適切な診断を受けることが極めて重要です!

おいけ接骨院では交通事故に遭われた方をしっかりサポートしてくれる整形外科をご紹介させていただいています。また適切なアドバイスもさせていただきます。 整形外科医などによる診断を受けていないと、後になって施術費などが認められなくなるとか、まだ治っていないのに施術費の支払いを受けられなくなる、あるいは症状が残ったにもかかわらず後遺障害として認められないなど大きな不利益を受けるおそれがあります。 定期的に、交通事故によるむち打ち施術に理解のある整形外科で診察をしていただき、おいけ接骨院にてリハビリを並行して通院し、症状を正確に伝えた上で、適切な診断を受けてください。 おいけ接骨院では交通事故に遭われた方をしっかりサポートしてくれる整形外科をご紹介出来ますので、まずはおいけ接骨院へご来院ください。

保険会社の担当者などに誤解を与えないように注意してください!

保険会社の担当者やリサーチ会社の担当者と話す際、症状が残っているのに症状が治ったかのような発言をすれば、誤解されて施術費の支払いが打ち切られてしまうこともありますので注意してください。

保険会社に施術費の支払いを打ち切られないよう説明してください!

事故から一定期間が経過すると、保険会社から、「そろそろ施術費の支払いが終了となります」というような話が出る可能性があります。まだ痛みがある場合があるのであれば、現状をしっかりと説明し、施術を継続する必要があることを十分に理解してもらえるようにしてください。 また、医師やおいけ接骨院などに症状を伝えて、保険会社に施術継続の必要性を話してもらうことも有効です。

実際より早く症状固定と判断されないように注意してください!

症状固定とは、ケガの程度がそれ以上よくならない状態になったことを言い、主治医の医学的見地から判断します。 症状固定と判断されてしまうと、重症であるなど特殊な場合でなければその後の施術費が支払われません。 また、実際より早く症状固定と判断されてしまうと軽傷であると誤解され、慰謝料の金額や後遺障害の認定で大きな不利益を受けることがあります。 こうした不利益をさけるために、医師に対して、誤解を与えないように適切に症状を伝えることが重要です。

もっと早く、おいけ接骨院に来ればよかった...

そうならない為に、

一番最初

おいけ接骨院へお越しください!!