症状ブログ

脊柱管狭窄症にストレッチは有効?

脊柱管狭窄症にストレッチは有効?

そもそも脊柱管狭窄症とはどんな病気?

脊柱管狭窄症は、脊柱の中央を通る神経管が狭くなる病状を指します。この症状は、背中側の神経を保護している黄色靭帯が厚くなること、椎間板が突出してヘルニアを形成すること、または椎体自体が変形して突出することによって引き起こされます。これらの変化は、椎間板の老化や椎体の磨耗、靭帯の肥厚など、複数の要因により脊柱管内のスペースが狭まり、神経が圧迫される結果となります。

この状態が進行すると、神経圧迫による痛み、感覚の低下、筋力の弱化などの症状が現れることがあります。特に腰部脊柱管狭窄症の場合は、腰痛や足の痛み、歩行時の不快感が主な症状として挙げられます。治療には、保存的治療として痛みを和らげる薬物療法や理学療法、重症の場合には手術的介入が必要になることもあります。

脊柱管狭窄症におけるストレッチの効果

脊柱管狭窄症におけるストレッチの効果は非常に大きく、症状の緩和や生活の質の向上に寄与します。特に、腰部周囲の筋肉の柔軟性を高めることで、狭窄症によって引き起こされる痛みや不快感を軽減できます。この症状は、脊柱の中央部を通る神経管が狭まり、神経が圧迫されることで発生しますが、適切なストレッチによって筋肉の緊張が和らぎ、神経への圧力が軽減されるのです。

具体的には、脊柱管狭窄症において問題となる主要な筋群には、股関節屈曲筋群(大腰筋、腸腰筋、小腰筋)や背筋があります。これらの筋肉が硬くなると、自然と腰が反る姿勢を取りやすくなり、腰部に負担がかかるため、痛みが引き起こされます。ストレッチを行うことでこれらの筋肉の柔軟性が向上し、腰の反りを抑制することが可能になります。

ストレッチの具体的な方法としては、例えば股関節屈曲筋群を伸ばすために、仰向けに寝て片足を胸に引き寄せるストレッチが有効です。このポーズは腰への圧迫を減少させるため、痛みの緩和に役立ちます。また、背筋を伸ばすためには、床に立って両手を前に伸ばしながら上体をゆっくりと前に倒すというストレッチが推奨されます。これにより背中全体が伸び、脊柱周辺の緊張が緩和されます。

さらに、定期的なストレッチは、腰部の痛みを軽減するだけでなく、再発防止や持続的な痛みの管理にも効果的です。痛みが緩和されれば日常生活の活動レベルを維持しやすくなり、全体的な生活の質が向上します。このようなポジティブな影響は、患者さんの心理的な健康にも良い影響を及ぼし、治療への動機付けが強化されます。

脊柱管狭窄症の治療においては、ストレッチを含む適切な身体活動が不可欠です。医師や理学療法士の指導の下で行うことで、安全かつ効果的に症状の管理が可能になります。定期的な運動とストレッチを組み合わせることで、狭窄症による痛みの悪化を防ぎ、健康的な腰の状態を保つことができるのです。

 

やってはいけないストレッチ

脊柱管狭窄症を持つ方々が避けるべき特定のストレッチやがあります。これらは症状を悪化させる可能性があるため、知識を持って適切に行動することが重要です。特に、腰を反らせる動作や痛みを伴う時の激しい運動は、注意が必要です。

 

腰を反らせるストレッチの危険性

脊柱管狭窄症において、腰を強く反らせるようなストレッチは推奨されません。このような動作は、既に狭窄している脊柱管内の神経にさらなる圧迫や刺激を与えることがあり、腰痛や臀部痛を悪化させる原因となります。例えば、ヨガの一部のポーズや体操で行われる背中を大きく反らせる動作は、この条件に該当するため、脊柱管狭窄症の方はこれらの活動に注意が必要です。

 

痛みがある際のウォーキングとそのリスク

脊柱管狭窄症の症状の一つに間欠性跛行があります。これは、歩行時に腰や足に痛みや痺れが発生し、休むと一時的に症状が改善するものです。このような状態で無理に歩くことは避けるべきです。特に、腰を反った姿勢での歩行は痛みを引き起こしやすく、症状を悪化させる可能性が高まります。痛みを感じた場合には、すぐに休憩を取り、無理をせず様子を見ることが大切です。

 

安全な運動方法

脊柱管狭窄症の患者さんが行う運動は、特に慎重に選ぶ必要があります。安全で効果的な運動方法としては、水中でのエクササイズや低インパクトのエアロビクスが推奨されます。これらの活動は、関節や脊柱にかかる負担を最小限に抑えつつ、筋力を向上させ、体の柔軟性を保つのに役立ちます。また、医師や理学療法士の指導のもとで行うことで、適切な強度とフォームで運動を行うことができます。

 

総合的な生活スタイルの調整

脊柱管狭窄症の管理には、日常生活の中での姿勢の調整も重要です。長時間同じ姿勢でいることを避け、定期的に体勢を変えることが推奨されます。座るときには、腰にクッションを使用して支える、適切な椅子を選ぶなどが効果的です。また、適度な休息を取りながら活動することで、体への負担を適切に管理し、痛みを最小限に抑えることが可能です。

 

お問い合わせ

おけい接骨院 太田藪塚院

map
TEL
TEL緊急
LINE
アクセス
住所
〒379-2304
群馬県太田市大原町398-9
支払い方法
現金・クレジットカード
※クレジットカードは自費5,000円以上の場合利用可
駐車場
10台完備
ご予約
ご予約優先制
保険のご利用
可能
定休日
日曜日
診療時間
  • 採用情報

HOME

初めての方へ

お客様の声

スタッフ紹介

症状ブログ

スタッフブログ

採用情報

よくある質問

こんな症状ありませんか?

インフォメーション