コンテンツへスキップ

ばね指とは?

ばね指は主に指を曲げるときに使う屈筋腱の浮き上がりを防ぐために抑えている腱鞘(力を効率よくする滑車のようなもの)という組織との間で起きている炎症の事を言います。

通常はスムーズな動きをするのですが指を酷使することで腫れ上がってしまったり、腱が肥大してしまい動きに制限が出てしまったり、引っかかるようになってしまったりします。この状態になると指自体が太く腫れてしまい、腱と腱鞘の間で擦れ合って痛みを感じてしまったりします。

指が曲がったままで伸ばせない状況は、腱鞘というトンネルを腱がうまく通り抜けていない状態です。そのため。進行すると曲がった指を戻そうとして無理に強い力をかけると腱の引っかかりが外れて腱鞘を通過する瞬間に「カックン」と跳ねるように指が伸びます。この動きが「ばね現象」です。ばねのようにはねて戻ることから「ばね指」と言われており別名「弾発指(だんぱつし)」とも言われています。

ばね指の原因

日頃から手や指を酷使している方は腱や腱鞘に負担がかかり続けるために起こりやすいとされています。具体例としては

・仕事で握る動作が多い方・デスクワークでマウス操作、タイピングが多い方・主婦の家事動作・ホルモンバランスの変化・ゴルフやテニス、バドミントンなど指を使うスポーツ・透析や糖尿病、関節リウマチの方

発症する年齢としては中高年の方が比較的多く、男女比ではやや女性に多いです。また発症する部位としてはどの指でも起こりますが、特に中指、薬指に起こりやすいです。

症状としては

指を動かすと痛い。指の曲げ伸ばしが辛い。スマホを握ると痛む。物をつかみ時に痛い。指を伸ばす際に引っかかる。指が腫れてしまい曲げることが出来ない・・

初期の段階では違和感や軽い痛みだけで安静にすることで落ち着くこともあります。しかし状態が悪化していくと曲げ伸ばしが辛くなり引っかかりも強くなってきてしまいます。

 

ばね指の施術方法

ばね指の治療方法としては、基本的には保存療法でよくなることが多いです。 おいけ接骨院では痛めている部分には特殊電療機や超音波によるコンビネーション療法にてアプローチしていきます。 またばね指以外にも骨盤が歪んでいたり、その影響で背骨や肩甲骨、肩、上腕、前腕と動きが悪くなってしまっていたり、筋肉のしこりがあることも多くそこに対するアプローチまでしていきます。そうすることでばね指の部分に負担がかかりにくくするのです。

ばね指の症状で来て頂く方のほとんどがひどくなってしまった状態で放っていて自分ではどうしようもできない・・というタイミングの方が多いです。施術には個人差はありますが施術を繰り返す中で痛みや引っかかりも変化が出てくることが多いです。ばね指の症状で諦めかけている方、一度おいけ接骨院へご相談下さい!!

 

 

脊柱管狭窄症とはどんな病気?

背骨は椎骨(ついこつ)と言われる骨が積み木のように積み重なって出来ています。一つ一つの椎骨には穴(椎孔、ついこう)があいており、その中に通る管の部分を脊柱管と言います。中高年になるにつれて椎間板や腰椎靭帯の変性や肥厚、変形をしてしまうと脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまいます。その結果、足にシビレが出てしまったり、思うように足が動かなくなることがあります。脊柱管狭窄症は一般的に加齢による変性で発症する場合が多く見られますが、生まれつき脊柱管が狭いことで発症することもあるそうです。一般的には腰椎椎間板ヘルニアは若い世代に多く、脊柱管狭窄症は40代以降の中高年に発症することが多いです。

腰部脊柱管狭窄症の症状

症状としては、立位や歩行により坐骨神経痛やしびれが強くなるが座ったり、しゃがんだりすると楽になる。(間欠性跛行) カート等で前傾すれば歩くのが楽になるなどがあります。他に自転車に乗ると腰を曲げるので痛みが出にくいのが特徴です。状態が悪くなっていくと、休む間隔が長くなり、歩ける距離も短くなっていきます。

また寒い季節や朝に症状が出やすいという特徴があります。通常、腰痛においては歩行は推奨されることが多いですが、この病気の場合は歩くことで悪化してしまうことがあります。症状が進行してくると寝ていても足のシビレが出てきてしまったり、寝つきが悪くなってしまう事もあります。

痛みがそれほどでもないからと言って放置していると症状が悪化して日常生活に支障が出てしまう事もあります。

脊柱管狭窄症の施術方法

こんなお悩みの方はいませんか?

・長い距離は休みながらでないと歩けない

・病院の注射や痛み止めを飲んでも効果がない

・お尻から足にかけてのしびれと痛みをなんとかしたい

・朝起きると腰が痛い・痛みのせいで何をするにもやる気が出ない

・将来的に歩けなくなると思うと不安

・「一生この脊柱間狭窄症と付き合っていくしかない」と言われたが少しでもなんとかしたい

このような方はぜひおいけ接骨院へご相談下さい。

おいけ接骨院では脊柱管狭窄症狭窄症に対して体の悪い状態の根本に着目してアプローチする施術を行っております。カウンセリングにて体の動き、状態を検査し、筋肉の硬さや関節の動きを見ます。そこから手技、骨格、骨盤矯正、ストレッチなどで体のバランスを整え、筋肉の緊張をやわらげていきます。また、悪い症状の根本をとるため深層筋までアプローチできるハイボルテージ電療器、超音波療法など、一人一人の状態に合わせて施術していきます。

おいけ接骨院に通院することで脊柱管狭窄症で歩けなかったのに普通に歩けるようになった、長年の間欠性跛行に変化が出たという例もあります。 脊柱管狭窄症による急性の状態やしびれで悩んでいる方はもちろん、慢性的な状態など、もう良くならないと思っている方でも一度当院にご相談ください。脊柱管狭窄症の症状が進行する前に、特に症状の強い方は早めの来院をお勧めします。 悪い症状がとれた後は悪い症状に戻りにくい体を作り、その後のケアも安心して行えます。

 

 

産後によくある体の不調は?

ご出産おめでとうございます。大切なお子様の為、大切な家族の為にお母さんになるといろいろと大変なことが多くなります。その中で体の不調も多くなる時期でもあります。子育てをしていると思い通りにいかないことが多く、不眠によるストレスや体にかかる負担が多くなることで自覚症状として痛みも多く出現してきます。具体的には肩こりや腰痛、手の腱鞘炎、股関節の痛み、膝の痛み、恥骨の痛み、尾骨付近の痛みなど様々起こります。痛くてもその場しのぎで過ごしていると慢性的な症状になってしまったり、数年経過した後に痛みが出やすい体になってしまったりしてしまう事が多いです。そのようなことになる前に後悔しないように産後の骨盤矯正を強くおすすめします。

なぜ出産後に不調が出やすいのか?

結論から申しますと、出産後の骨盤はとても大きな負担がかかっているのです。まず出産前には赤ちゃんが胎内で大きくなるにつれてそれに合わせて骨盤が開いてきます。その後赤ちゃんが生まれる際に骨盤は大きく開き、歪みが出てきてしまいます。自然と骨盤は元に戻ろうとしますが残念ながら妊娠前の骨盤の状態には戻りません。そこでしっかりと手技による矯正で歪みとなくし、閉じていく方向に戻していきます。産後の大切な時期を逃してしまうと歪んでいる状態を脳がその状態を覚えてしまい筋肉や靭帯も硬くなってしまうため時間がとてもかかりやすく状態もよくならないことも多くなります。

産後はいつから矯正が出来るの?

産後骨盤矯正は通常分娩では出産後1か月、帝王切開では出産後2ヶ月が目安となります。また矯正開始時期は早ければ早い程いいのでお悩みの方はすぐにご相談頂ければと思います。

 

おいけ接骨院の産後メニューは豊富にあります!

おいけ接骨院では今までたくさんの産後のママを施術させて頂き、様々なお悩みをお聞きし、その結果矯正のみのメニューだけでなく他にもお客様のニーズに合わせたメニューのご提案も出来る事が出来ました。

通常の産後骨盤矯正の他にプレミア産後骨盤矯正があります。内容としては産後骨盤矯正にプラスして岩盤エクササイズが加わったメニューとなります。岩盤エクササイズとは特殊ヒートマットで体を温めながらインナーマッスルまで届くトレーニングが出来るハイスペックなEMSを組み合わせた機器となります。こちらは産後骨盤矯正との相性が抜群なものとなります。詳しくは岩盤エクササイズのページをご覧ください。

岩盤エクササイズページはこちら

さらにもう一つあるメニューとしては産後ダイエットです。こちらは産後骨盤矯正と岩盤エクササイズはもちろんコースに入っていて、他に酸素カプセル、遺伝子検査、体組成測定、専用サプリ、産後専用食事指導、ダイエットファイル、産後ガイドブック、LINEサポートが組まれています。出産前の体型に戻したい、お腹を引き締めたい、痩せたいなどの要望の方にお勧めです。

酸素カプセルは体内に酸素を送り込むことで自律神経の調節や脂肪の燃焼、疲労、不眠にもに酸素が活躍します。

遺伝子検査では何を食べると太りやすいのか?何を食べることが痩せやすいのかを遺伝子レベルではっきりします。これは一生変わらないものでもあり一度理解できれば一生使えるメソッドとなります。

体組成計測では自分の体重はもちろん筋肉量や脂肪量など細かく測定できるので、自分自身に向き合う事が出来ます。

専用サプリでは産後に必要な栄養素が含まれており、栄養不足になることはなくなります。食事指導では遺伝子検査で出てきた内容を元に14項目の指導を丁寧に指導していきます。また産後に大切な知識が組み込まれているダイエットファイルと産後ガイドブックもプレゼントしており、産後の痩せたいお悩みにアプローチしていきます。

迷っている時間はもったいない!

産後ケアに関してはおいけ接骨院にご相談下さい!!お電話もしくはLINEにて「産後です。」とお伝えいただければ親切丁寧に対応させて頂きます。

突然襲う、ぎっくり腰

重い物を持ち上げた時や、体勢の悪い状態で無理に体を動かした時、くしゃみをしただけの時、ちょっとかがんだ時など急に強い痛みが起きてしまうのが「ぎっくり腰」です。

痛みが強い時は大事な行事に参加できなかったり、予定をリスケジュールしなくてはいけないなどの経験をしたことがあるかもしれません。

では「ぎっくり腰」になったときに、早くよくしていくためにやってはいけないことはなんでしょうか?

1、出来る限り普段の動きをする

2、痛め止めを飲む

3、絶対安静にする

やってはいけない正解は「3」です。

なんで?と思った方は多いかと思いますが、腰が痛いときには大事をとって安静にするというイメージがあるかと思います。もちろん痛みが強すぎて全く動けない状態は別です。でも痛みは強いが動けるようなら動ける範囲で動く!今の常識は大きく変わっています。

フィンランド労働衛生研究所が行った研究では、ぎっくり腰になった人がベットの上で安静にしていた人と出来るだけ通常の生活をするよう指示した場合と比べると安静にした場合と倍近く仕事に復帰するのにかかってしまったことがわかりました。

現在の日本の腰痛ガイドラインにも必ずしも安静がいいとされてはいないと明記されています。

なぜ安静はよくないのか?

日常生活で立ったり座ったりするだけでも、私たちの体は重力に対抗して姿勢を保つ筋肉を働かせています。「宇宙で筋肉トレーニングをしないと簡単に衰えてしまう」と聞いたことあると思います。それは重力の負荷がなくなってしまう事にあるのです。

ベットにじっとしていることも同じことが言えます。腰を支える筋肉を使わなく済んでしまうため筋肉も衰えてきてしまいます。また血流も悪くなってしまいます。

さらに腰痛が半年以上ある方は痛みの処理にかかわる脳の部分の働きも衰えてしまい、通常の人の脳より痛みを感じやすくなるケースがあることもわかりました。

なぜなのでしょうか?一つに挙げられるものは痛みに対する「恐怖感」です。

ぎっくり腰は欧米では「魔女の一撃」と呼ばれるくらい強い痛みを伴います。あんな痛みはもう二度と嫌だ!と恐怖感を覚え、腰を安静にしようと無意識にしていくのです。すると先程お話ししたように、腰の痛みが取れにくくなります。そのうちに「この腰痛はずっと続くのではないか?」となり、さらに動きにくくなります。こうした悪循環により脳が痛みのコントロールする仕組みまでに影響が及んでしまうと考えられます。

ぎっくり腰になったらおいけ接骨院にご相談を!

ぎっくり腰の施術はおいけ接骨院では得意としています。まずは急性の状態を落ち着かせ、根本原因となる部分を探ります。骨盤の矯正や、筋肉調整、特殊電気療法、ストレッチ、経絡施術、日常生活指導も含め、痛みに対するアプローチだけでななく再発を防止するメンテナンスやケアまで行い、体のバランスをよくしていき痛みの出にくい体作りのお手伝いをしております。

LINEやお電話にてご予約お受けしております!!