コンテンツへスキップ

50肩(肩関節周囲炎)とは?

40肩や50肩はよく40代、50代に発症しやすいことから一般的に呼ばれていますが、正式な名称は肩関節周囲炎、凍結肩などと呼ばれております。

おおよそ30代から60代の方まで幅広い年齢層の方が発症しやすくなっており、男性より女性がやや多いです。大体がその年代になると背骨や肩甲骨や鎖骨の動きが悪くなってしまい肩関節に負担がかかりやすくなってしまう事が大きな要因です。また筋力も落ちてしまい、姿勢不良から関節の位置が悪くなってしまい関節の組織が損傷してしまい、痛みや可動域の制限が起きてしまう事もあります。

症状はどのように出てくるのか?

特に大きな原因がなく徐々に症状が出てくるパターンと急激に痛みが強く出てしまったりすることもあります。ひどくなると関節が硬くなってしまったり、少し動かすだけで痛くなってしまったり、夜に何もしなくともうずくような痛みが出てきてしまう事があります。他にも、寝返りを打った時にも痛みが出てくる、エプロンを後ろで結べない、洗顔が出来ないなど著しく日常生活に支障が出てしまう事があります。この症状は数カ月から1年ほど続くことも多く自然に落ち着いてきたとしても肩以外の状態がよくなっていないとまた発症してしまったり、他の症状として肩こりや首こり、腰痛なども自覚症状が出てしまいます。

動かした方がいいのか?安静にした方がいいのか?

炎症が起きている状態であれば安静がよく、炎症が落ち着いていれば動かしていく事が大切です。しかし自身で判断が難しいことも多く先程お話しした他の部分の状態が回復していない状態では動かすことは危険なこともあります。肩関節周囲炎に詳しい専門家にみてもらいアドバイスをもらう事がベストです。

肩関節周囲炎の正しい対処法

痛みが出始めた時や動きが悪くなってしまい状態が悪い時でもまずはおいけ接骨院へご相談下さい。数々の症例を見てきて対応させて頂いておりました。肩の状態が悪いと毎日が大変です。

おいけ接骨院では体を全体からみていきアプローチをしていきます。痛みの出ている肩だけでなく骨盤や、筋肉のバランス、骨格の調整もしております。また手技の施術だけでなく特殊電気療法や超音波療法など細かくオーダーメイドにて施術を組み合わせていきます。また自宅で出来るストレッチ方法や運動療法、夜痛みがあるときの寝方なども細かく指導させていただいております。

産後の骨盤はどうなっている?

出産前は赤ちゃんが胎内で大きくなるにつれて、骨盤もそれに合わせて開いてきます。出産時には赤ちゃんが生まれる際に骨盤は大きく開く。この後骨盤はほぼそのままになっています。出産後には開いたままの骨盤は、放置されていると前後に少しずつ歪んできてしまいます。

歪んだ骨盤をそのまま放置してしまうと体に不調が出やすくなってしまったり、体型も戻らず太りやすくなってしまいます。

残念ながら骨盤は自然に、完璧に、元の状態には戻りにくいもです。歪み方も人それぞれですし、靭帯の緩みは戻りにくく、さらに妊娠出産で自分では鍛えられにくい深部の骨盤周辺の筋肉が伸びきっているため骨盤の状態は産前のように元に戻りにくいのです。

産後の骨盤矯正の重要性

このように産後の骨盤は歪みが出やすいお話を致しましたが、しっかりと専門的に産後のケアをしていく事が大切になってきます。また歪みを取るだけでなくしっかりと骨盤を閉めていく矯正も入れていく事でより産前の状態になってくるのです。1度の矯正でも歪みは取れますが、歪みは時間と共に戻りも出てきます。複数回施術をすることで歪みのない状態を体が覚えさせていく事が大切です。

骨盤の奥のインナーマッスルの強化も大事?

実は産後はインナーマッスル(骨盤を支える奥にある筋肉)も弱くなっていることが多いです。骨盤矯正をして元に戻してもその周りの筋肉をしっかりつけてあげないとどうなるのか?「また歪みは出やすくなります!!」これは絶対ではありませんが確実に臨床経験上結果が違います。

自分で鍛えて元に戻すことはある程度出来ますがとても大変です・・・

おいけ接骨院では寝ながらインナーマッスルをトレーニング出来て温活が出来る機器があります!

「岩盤エクササイズ」という30分寝ているだけで筋収縮9.000回分の効果のある機械を入れています。

岩盤エクササイズは中々自分では鍛える事のできないインナーマッスルを鍛える事ができるので、産後の忙しいママでも寝ているだけでしっかり筋トレ!ウエスト周りも引き締めてくれます

骨盤矯正と岩盤エクササイズを一緒に組み合わせはとても相性がよく多くの産後のママに喜んでいただいております。

産後の通院について

産後のケアについては出産から1か月後から開始できます。またお子様も連れて来て頂いてもキッズルームやバウンサー完備しており、保育士もいます。また多くの産後の施術実績もあり書籍にも掲載されたことがあります。

産後どうしたらいいのか・・・とお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。このような方はぜひご相談下さい!

✅産後本格的なケアをしたい
✅出来れば体重を落として、妊娠する前の体型に戻して綺麗になりたい
✅体重を5㎏~10㎏くらい痩せたい
✅足の冷え、むくみがある
✅常に肩こりや腰痛など違和感がある
✅仙骨や尾骨が痛い
✅よく頭痛が起こる
✅ぎっくり腰やヘルニアと診断された事がある
✅座るときはお姉さん座り(横座り)が多い
✅肩が曲がっている、骨盤のズレが気になる
✅産後の骨盤の歪みが心配

私たちにお任せください!!

ばね指とは?

ばね指は主に指を曲げるときに使う屈筋腱の浮き上がりを防ぐために抑えている腱鞘(力を効率よくする滑車のようなもの)という組織との間で起きている炎症の事を言います。

通常はスムーズな動きをするのですが指を酷使することで腫れ上がってしまったり、腱が肥大してしまい動きに制限が出てしまったり、引っかかるようになってしまったりします。この状態になると指自体が太く腫れてしまい、腱と腱鞘の間で擦れ合って痛みを感じてしまったりします。

指が曲がったままで伸ばせない状況は、腱鞘というトンネルを腱がうまく通り抜けていない状態です。そのため。進行すると曲がった指を戻そうとして無理に強い力をかけると腱の引っかかりが外れて腱鞘を通過する瞬間に「カックン」と跳ねるように指が伸びます。この動きが「ばね現象」です。ばねのようにはねて戻ることから「ばね指」と言われており別名「弾発指(だんぱつし)」とも言われています。

ばね指の原因

日頃から手や指を酷使している方は腱や腱鞘に負担がかかり続けるために起こりやすいとされています。具体例としては

・仕事で握る動作が多い方・デスクワークでマウス操作、タイピングが多い方・主婦の家事動作・ホルモンバランスの変化・ゴルフやテニス、バドミントンなど指を使うスポーツ・透析や糖尿病、関節リウマチの方

発症する年齢としては中高年の方が比較的多く、男女比ではやや女性に多いです。また発症する部位としてはどの指でも起こりますが、特に中指、薬指に起こりやすいです。

症状としては

指を動かすと痛い。指の曲げ伸ばしが辛い。スマホを握ると痛む。物をつかみ時に痛い。指を伸ばす際に引っかかる。指が腫れてしまい曲げることが出来ない・・

初期の段階では違和感や軽い痛みだけで安静にすることで落ち着くこともあります。しかし状態が悪化していくと曲げ伸ばしが辛くなり引っかかりも強くなってきてしまいます。

 

ばね指の施術方法

ばね指の治療方法としては、基本的には保存療法でよくなることが多いです。 おいけ接骨院では痛めている部分には特殊電療機や超音波によるコンビネーション療法にてアプローチしていきます。 またばね指以外にも骨盤が歪んでいたり、その影響で背骨や肩甲骨、肩、上腕、前腕と動きが悪くなってしまっていたり、筋肉のしこりがあることも多くそこに対するアプローチまでしていきます。そうすることでばね指の部分に負担がかかりにくくするのです。

ばね指の症状で来て頂く方のほとんどがひどくなってしまった状態で放っていて自分ではどうしようもできない・・というタイミングの方が多いです。施術には個人差はありますが施術を繰り返す中で痛みや引っかかりも変化が出てくることが多いです。ばね指の症状で諦めかけている方、一度おいけ接骨院へご相談下さい!!

 

 

脊柱管狭窄症とはどんな病気?

背骨は椎骨(ついこつ)と言われる骨が積み木のように積み重なって出来ています。一つ一つの椎骨には穴(椎孔、ついこう)があいており、その中に通る管の部分を脊柱管と言います。中高年になるにつれて椎間板や腰椎靭帯の変性や肥厚、変形をしてしまうと脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまいます。その結果、足にシビレが出てしまったり、思うように足が動かなくなることがあります。脊柱管狭窄症は一般的に加齢による変性で発症する場合が多く見られますが、生まれつき脊柱管が狭いことで発症することもあるそうです。一般的には腰椎椎間板ヘルニアは若い世代に多く、脊柱管狭窄症は40代以降の中高年に発症することが多いです。

腰部脊柱管狭窄症の症状

症状としては、立位や歩行により坐骨神経痛やしびれが強くなるが座ったり、しゃがんだりすると楽になる。(間欠性跛行) カート等で前傾すれば歩くのが楽になるなどがあります。他に自転車に乗ると腰を曲げるので痛みが出にくいのが特徴です。状態が悪くなっていくと、休む間隔が長くなり、歩ける距離も短くなっていきます。

また寒い季節や朝に症状が出やすいという特徴があります。通常、腰痛においては歩行は推奨されることが多いですが、この病気の場合は歩くことで悪化してしまうことがあります。症状が進行してくると寝ていても足のシビレが出てきてしまったり、寝つきが悪くなってしまう事もあります。

痛みがそれほどでもないからと言って放置していると症状が悪化して日常生活に支障が出てしまう事もあります。

脊柱管狭窄症の施術方法

こんなお悩みの方はいませんか?

・長い距離は休みながらでないと歩けない

・病院の注射や痛み止めを飲んでも効果がない

・お尻から足にかけてのしびれと痛みをなんとかしたい

・朝起きると腰が痛い・痛みのせいで何をするにもやる気が出ない

・将来的に歩けなくなると思うと不安

・「一生この脊柱間狭窄症と付き合っていくしかない」と言われたが少しでもなんとかしたい

このような方はぜひおいけ接骨院へご相談下さい。

おいけ接骨院では脊柱管狭窄症狭窄症に対して体の悪い状態の根本に着目してアプローチする施術を行っております。カウンセリングにて体の動き、状態を検査し、筋肉の硬さや関節の動きを見ます。そこから手技、骨格、骨盤矯正、ストレッチなどで体のバランスを整え、筋肉の緊張をやわらげていきます。また、悪い症状の根本をとるため深層筋までアプローチできるハイボルテージ電療器、超音波療法など、一人一人の状態に合わせて施術していきます。

おいけ接骨院に通院することで脊柱管狭窄症で歩けなかったのに普通に歩けるようになった、長年の間欠性跛行に変化が出たという例もあります。 脊柱管狭窄症による急性の状態やしびれで悩んでいる方はもちろん、慢性的な状態など、もう良くならないと思っている方でも一度当院にご相談ください。脊柱管狭窄症の症状が進行する前に、特に症状の強い方は早めの来院をお勧めします。 悪い症状がとれた後は悪い症状に戻りにくい体を作り、その後のケアも安心して行えます。