コンテンツへスキップ

診療案内 – 野球に特化した治療

主な診療について主な診療について

野球に特化した治療野球に特化した治療

原因について

野球肩(投球障害)とは、フォームの崩れ(型が広がる)や日常生活の悪い姿勢から肘・肩に強いストレスが継続的にかかる事で、可動域が狭くなり発症することが多いです。

また、正しくないトレーニングを重ねてきて筋肉バランスの悪い状態も原因のひとつと言われています。他にも古傷を持っている方は発症しやすいです。ただ、多くの方は原因不明で治らないと思い、長期間放置してしまうことが多いようです。

野球選手

治療方法

身体評価(エコー、体のバランス、可動域検査)
手技療法、微弱電流、ハイボルテージ電流、超音波、酸素カプセルによる治療(患部・全身機能回復)
投球外来(医科学投球指導・再発防止、障害予防)

良い姿勢をキープするためにストレッチ指導や日常生活での姿勢指導をその方に合ったものを提案させて頂きます。さらに当院の治療スタッフはみな学生時代に野球をしていました。野球経験豊富なスタッフが、知識だけで指導するのではなく、経験者としての視点からも指導・治療をさせて頂きます。

野球による障害の症例

肩が痛くてボールが投げられない
私生活は問題ないけれども、全力で野球をしたいけど楽しめない
姿勢が悪い
学生時代に野球肩と言われ、野球を楽しむのを諦めた
ボールを投げる瞬間に肩の全体が痛い
ボールをリリース・投げ終わった直後に鋭い痛み
投球した翌日に肩甲骨の後ろが痛い
手を上げていき肩が上がり始めると痛む
ボールを投げると肘の内側が傷む
肘の曲げ伸ばしが完全にできない
ボールを投げると肘の外側が痛い
肘がロッキングして動かない
投球後に肘に痛みがでる

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など