コンテンツへスキップ

診療案内 – 腰痛

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 急にぎっくり腰になってしまった
  • 病院に行ったり薬を飲んでもよくならない
  • 妊娠中・出産後に腰痛でどこに行けばいいのかわからない
  • とにかく腰がおもだるい
  • 慢性の肩コリ、頭痛に悩んでいる
  • 猫背で肩コリがある
  • 背中から肩にかけての痛みがある
  • 手が上がらず、後ろにも回せない

腰痛について

日本人の8割以上が経験している腰痛

腰に感じる痛みやしびれ、時には突発的な“ぎっくり腰”まで引き起こす事のある症状「腰痛」。腰痛は日本人にとって切っても切れない疾患で、日本人の腰痛経験者は8割以上にのぼります。しかし、病院で腰痛と診断されない場合も多く、腰に痛みを感じながらも生活している潜在的な腰痛患者が数多くいるといわれています。

腰痛は多くの場合、肉体労働による身体の酷使や、長時間の同じ姿勢による腰への負担から引き起こされます。いずれも「筋肉疲労(もしくは筋力低下)」「筋骨格の歪み」「血行不良」と深く関連しており、これらの要因が腰痛の症状を引き出す原因となります。
こうした原因により引き起こされる腰痛の種類は様々で、腰に張った痛みが慢性的に続く「慢性腰痛症」や、突発的に身動きが取れなくなるほどの激痛を引き起こす「急性腰痛症(ぎっくり腰)」などがあります。また、腰痛の原因は関節や筋肉の損傷だけでなく、心理的な影響なども影響しているのではないかと考えられ、腰痛の症状は、レントゲン検査などで異常と診断されないケースもあります。

※内臓疾患が原因による腰痛について
腰痛は内臓疾患によって引き起こされる場合があります。内臓の痛み・負担を神経が伝える際に、「関連痛」という痛みを腰に伝えます。動作に関係なく腰痛が続いたり、熱が出るなど他の症状が併発した場合は病院で検査を受けましょう。

腰痛について

筋肉疲労(筋力低下)による腰痛

筋肉に乳酸がたまり、こわばりや張りが引き起こされ腰痛になります。筋力が低下しても姿勢を維持するため脊柱周りの筋肉に負担が掛かりやすくなり腰痛を引き起こします。

筋骨格の歪みによる腰痛

デスクワークなど同じ姿勢のままでいると筋肉に偏った負担がかかり、筋骨格の歪みの原因となります。また、身体もこわばるため腰を動かす時の負担も大きいため腰痛になりやすいです。

血行不良による腰痛

血行が阻害されると筋肉から「柔らかさ」が損なわれます。疲労物質も溜まりやすくなるため腰痛を長引かせる原因になります。

腰痛の治療方法

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

ハイボルト療法では皮膚抵抗が少ない(ピリピリ痛い感じが少ない)ほか、高電圧の電流量をピンポイントでアプローチすることで、非常に高い鎮痛効果と即効性が期待できます。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

群馬県でまだ数台しか導入されていません

複合型超音波機器 ustoron

・ランダムアクセス波

・エムキュ-ブウエ-ブ搭載

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な治療を実現!超音波のマイクロマッサ-ジ効果で、通常治療できない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にし、神経や血液の流れを整え、今まで変わらなかった症状や取れにくい痛みを取ってくれる優れもの!

太田・みどり市おいけ接骨院

腰痛はそのままにしておくと筋肉のバランスが崩れてしまい、背骨を正しく支えられなくなります。その結果、背骨や骨盤の位置がズレてしまい、腰痛を悪化させるおそれがあります。

おいけ接骨院では腰痛に対して力を入れた治療を行なっております。
「ぎっくり腰」の場合は椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にもなるおそれもあるので、無理のない治療に専念します。腰痛治療では「手技」のほか「骨盤矯正」や「超音波」も併用して効果的な施術を行います。腰痛・ぎっくり腰はきちんとした治療を受ければ長続きはする事はあまりないのでじっくりと治していきましょう。

腰痛の予防治療

腰痛やぎっくり腰は痛みが引いても完治したとは限りません。日々の生活習慣によって、再び背骨の歪みが原因となる事が多々あります。日頃から負担をかけないよう姿勢を正す心掛けが大切です。定期的にストレッチや筋肉トレーニングを行い、必要に応じて専門の治療院で歪みを解消しましょう。

このようなお悩みありませんか??
  • 重いものを持ったら動けなくなってしまった
  • 寝返りも打てなくなってしまった
  • じっとしていても痛い
  • かがむ動作が出来ない

ぎっくり腰とは??

ぎっくり腰とは急に腰に痛みが出る総称(急性腰痛)なので、痛みの出る場所は様々です。背中や骨盤付近などの痛み、また痛みの強弱もそれぞれです。

重たいものを持った拍子にぎっくり腰が起こる場合も多いですが、特に何か負担が大きくかかることをした訳ではなく、ちょっとした動作でぎっくり腰になる場合も多いです。

例えば顔を洗おうと前かがみになった時であったり、朝起き上がろうとした時や、くしゃみをした時など、こういったちょっとした動作でぎっくり腰になる場合もあります。

ぎっくり腰は、軽いものもありますが、ひどい場合には動けなくなってしまう場合もあります。

ぎっくり腰の原因

太田・みどり市おいけ接骨院

ぎっくり腰は筋肉に原因がある場合が多いです。
筋肉は常に体のバランスを取るために働いています。
立っている姿勢を維持したり、座っている体勢を維持したりと、無意識に筋肉は働き続けています。
知らず知らずのうちに働き続けている筋肉に疲労が溜まると、筋肉が硬くなり血流が悪くなってきます。

血流が悪くなると筋肉に必要な酸素が不足して、力を抜くことができなくなり、さらに筋肉が硬くなり血流が悪くなるという悪循環になってしまいます。

そういった筋肉が硬くなりすぎた状態で、重たいもの物を持ったり、何気ない動作(くしゃみや顔を洗おうと前屈みになったときなど)をした時に、強い緊張を起こしてしまい、腰を痛めてしまいます。

これがぎっくり腰の原因です。
太田市藪塚のおいけ接骨院ではぎっくり腰の原因を突き止め、根本的に治療を行っていきます。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰は腰に関係する様々な筋肉が原因で起こります。
いつも決まった筋肉が原因とならないので、まずはどの筋肉が悪いのかを解明しなければなりません。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

ハイボルトでは、病院や整形外科でのレントゲンやMRIに映らない、筋肉・骨格・末梢神経の損傷を治療することが出来ます。
筋肉の悪い部分を探し出すことができるので、ピンポイントで原因の筋肉にアプローチすることができます。

ぎっくり腰の根本的な治療法

根本治療

MRIやレントゲンでは見つけられない筋肉や関節の異常を発見し、根本治療を行い痛くなりにくい身体づくりを目指します。
骨格、筋肉、神経の三つの方向から、痛みをとる治療を行います。

筋肉調整

繰り返す痛みの原因は、筋肉が「血流不足状態」により生じる筋肉のしこりが原因です。
筋肉のしこりができると、力が入りづらくなったり、痛みがあちこちに出てくるようになります。リラクゼーションのようなマッサージではなく、このしこりを取り去る治療をしないといけません。

骨格調整

おいけ接骨院の矯正はバキバキしないソフトな矯正です。歪みを矯正することで筋肉や関節への負担が減少するので、回復する効果が持続します。

神経調整

神経が過剰興奮を起こしていると、痛みを強く感じてしまいます。おいけ接骨院では、こういった過剰興奮している神経に対して、特殊機械を用いてアプローチします。

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など