コンテンツへスキップ

診療案内 – 四十肩、五十肩

五十肩、肩痛の症状は太田市,みどり市のおいけ接骨院へご相談を!

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 肩が挙がらなくなってきてしまった
  • 手が後ろに回らなくなってしまった
  • 重いものを持つときに痛みがある
  • 夜、何もしていなくてもズキズキ痛む
  • 腕の方まで痛くなってしまった
  • 四十肩、五十肩ではないかと思っている

四十肩、五十肩について

四十肩、五十肩とは?

40代~50代の方が肩の痛みや肩の動きに制限が出ることが多いため、一般的には四十肩・五十肩と呼ばれますが、医学的には肩関節周囲炎といいます。 発症年代により四十肩、五十肩と呼ばれる場合もあります。 レントゲン検査などを行っても原因不明なことが多く、一般的には病院ではシップや痛み止めなどで様子を観ることが多いのが現状です。

四十肩、五十肩の原因

太田・みどり市おいけ接骨院

四十肩・五十肩の原因は加齢による血液循環の悪化や、肩の関節や周辺の筋肉が固くなったり縮んだりすることで痛みを引き起こすと考えられています。

四十肩・五十肩には3つの時期があり、炎症期・凍結期・緩解期という時期に分けられます。

炎症期とは肩周辺の筋肉や靭帯、関節に炎症が起こっています。 この間は炎症が起こっているので、じっとしていても疼くような痛みがあります。

凍結期とは凍ってしまったかのように肩の関節が固くなり動かなくなってしまいます。

緩解期は症状が軽減していきます=徐々に治っていく時期です。

なので安静にしていても疼く痛みがある場合は炎症期であるということです。

それぞれの時期によって治療法が変わってきます。炎症期から緩解期になるまで個人差はあり、長くかかる方もいらっしゃいます。

自然に治ると聞く方もいますが基本的に動きがよくなってきても、四十肩・五十肩が再発したり、肩の張り感や、それに伴う頭痛も起きることがあります。おいけ接骨院ではこのようなことにならぬようしっかりと検査をしていき治療をしていきます。

四十肩、五十肩の治療

太田・みどり市おいけ接骨院

肩の関節に関連する筋肉はたくさんあります。 この筋肉が固くなり血液循環を悪くすることで痛みが発生すると考えられていますが、原因となっている筋肉を特定しマッサージや手技、特殊電気療法などによって症状をやわらげ、回復を早めることができます。

原因を正確に把握するために、しっかりと触診や動的検査を行い、レントゲンなどの画像では分からなかった四十肩・五十肩の原因を突き止めます。 その筋肉や関節がしっかり緩み、動きをよくしていき治療を行っていきます。

炎症期の治療

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

四十肩・五十肩の炎症期はハイボルト治療が効果的です。痛みの原因になっている筋肉のシコリを取り除いていくことで、痛みや動きの制限を改善していきます。 炎症期の強い痛みには、炎症を取り除くハイボルト療法を行っていきます。

ES-400 太田・みどり市おいけ接骨院

複合型超音波機器 ustoron

・ランダムアクセス波

・エムキュ-ブウエ-ブ搭載

超音波と高周波を組み合わせて同時に流すことにより、より高度な治療を実現!超音波のマイクロマッサ-ジ効果で、通常治療できない深部の筋肉や組織、関節内部を柔軟にし、神経や血液の流れを整え、今まで変わらなかった症状や取れにくい痛みを取ってくれる優れもの!

凍結期の治療

四十肩・五十肩の動きを出していく治療を行います。 肩をスムーズに動かせるように、固まってしまった肩の周辺の筋肉や靭帯を同時に緩めていきます。 並行してリハビリ運動も行っていきます。

四十肩・五十肩がよくなるとこんないいことが・・・
肩が挙がるようになった!
手が後ろに回るようになった!
重いものを持つのも楽になった!
夜もゆっくり安眠できる!
おいけ接骨院で四十肩・五十肩を治していきましょう!!
img
img
img
太田・みどり市おいけ接骨院
こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など