コンテンツへスキップ

診療案内 – スポーツ障害

主な診療について主な診療について

こんな症状ありませんか??
  • 大会前のケガ
  • 大会前後のメンテナンス
  • ケガを再発させない体づくり
  • 競技のパフォーマンスアップ

スポーツ障害についてスポーツ障害について

スポーツのケガの施術にかける思い

太田・みどり市おいけ接骨院

ケガをして接骨院などに行った際、電機やマッサージ、シップ、薬を塗ってもう、包帯を巻いてもらうなど、それで治療が終わっていせんか? もしあなたのゴールが「日常生活」を送れるようにするならばそれでいいと思います。しかしスポーツ選手の皆さんのゴールは・・・「競技復帰」だと思います。
つまり、 多くの治療院では一般の方々を基準にして日常復帰をゴールにして治療しているのです。
おいけ接骨院はスポーツ選手対応を得意とする接骨院です。 そのため「日常生活復帰」をゴールとしているのではなく「競技復帰」をゴールとして治療プログラムを組むことができる接骨院です。
そして、「競技復帰」までのメニューや基準、復帰時期提示することができます。 さらには「再発予防」「体力低下防止」などアドバイスができる接骨院です。

ケガをした直後からリハビリは始まっている!

太田・みどり市おいけ接骨院

ケガをして治療に行った際に、「練習は休んでください」と言われたことはありませんか?
一般の人はそれでもいいかもしれません。
ケガが治っても練習を休むことのデメリットがいくつかあります。

  • ケガが治って練習に復帰したけど、体力が落ちてついていけない
  • ケガが治って練習に復帰したけど、同じところを何度もケガしてしまう
  • ケガが治って練習に復帰したけど、今度は違うところが痛くなった

スポーツの現場では、ケガが治った後にこういったことがよく起こります。
なぜこういうことが起きるのかというと、「競技復帰」を考えて治療していないからです。
『ケガ=休む』
「日常復帰」を考えた治療であれば、これでも大丈夫です。
『ケガ=動かせる範囲で動かす』
「競技復帰」を考えたら、これが大切になります。
スポーツのケガ・・・一人で悩まずおいけ接骨院へご相談ください。

太田・みどり市おいけ接骨院

またおいけ接骨院ではスポーツの怪我がある方だけではなく、スポーツのパフォーマンス性を高めるためにも、スポーツ前の人も来院をオススメしています。例えば、サッカーの有名選手のお話ですが、撮影された写真で自身の背中や肩の高さの左右差に気付き、左右のバランスを整えたことで、スポーツのパフォーマンス性が上がったということを発表されていました。サッカーは比較的左右両方筋肉を使用するのですが、野球、ゴルフ、テニスなどは片側の筋肉を使用するので、特に体の左右の筋肉をバランスよく整えたり可動域の制限を調整することをオススメしています。
物理療法もおいけ接骨院では豊富なため、急性期の怪我は特殊電気機器にて即効性を発揮します。炎症をアイシングしながら、特殊電気治療器で腫れを散らします。炎症を早く鎮めてテープで固定し、ハイボルテージで筋肉の深部の痛みを取ります。
コンディショニングなどには酸素カプセルや超短波、メドマー、ソラーチ、トーケアなどにて対応していきます。
スポーツ選手のお悩みにあらゆる視点からのアプローチでしっかりサポートさせていただきます!!

こんなお悩みありませんか?
こんなお悩みありませんか?こんなお悩みありませんか?
むち打ち
肩こり
腰痛
スポーツ障害
野球に特化した治療
頸部:頸椎神経根症状
肩:五十肩・肩峰下インピンジメント症候群・肩こり・上肢神経痛
肘:上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎・離断性骨軟骨炎・TFCC損傷
腰:腰痛・ぎっくり腰・仙腸関節痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛
股:股関節痛・手根官症候群
指:突き指・マレットフィンガー
膝:変形性膝関節症・膝関節水腫・オスグット・ジャンパー膝・内側、外側半月板損傷・ACL損傷、PCL損傷
下腿:肉離れ・脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント)
足関節:外果骨折・足関節捻挫(外側側副靭帯損傷)
筋疲労回復(乳酸除去)など